常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

best 8

2004/08/18(水) 22:46:11

東海大甲府、崖っぷちからの奇蹟的な逆転劇。
いやあ、ここまでやってくれるとは、正直思ってもみませんでした。
本当に、ドキドキはらはら、楽しませてもらってます。ありがとうね。

なんてったって、会ったこともない子の金メダルより、知ってる子の甲子園です!





画面に何度も大写しになる彼の最高の笑顔。
なんだか、見ていて涙が出てきました。

小さい頃からエネルギーの塊で、気はいいんだけど、感情の起伏が激しく、とかく暴走しがち。
こういう子は、難しいですね。
元気すぎて、型にはまりにくいのです。

彼の今日があるのは、今のチームの監督さんやチームメートのおかげはもちろんですが、困難な状況下で彼を支え続けた御家族と、中学の時所属していたチームの監督・コーチの力も大きい。

適切な時期に、すぐれた指導者にめぐり合うことで、人生ががらりと変わってしまうことって、ほんとうにあるんだなと思いました。
彼の友人たちのなかには、彼と同じくらい良い素質をもっていても、どちらを向いてよいかわからず、まっすぐ未来へ続く道から逸れて、まだ迷っている子も大勢います。

彼は、幸運でした。
その幸運の上に、彼自身のたくさんの努力が積み重なっています。
最初は通れるかどうか、心もとなかった道が、もうずいぶんひろがりましたね。
でもまだ先は長い。

更なる精進を。
一層の活躍を祈っています。

次回は強敵天理です。




スポンサーサイト
なみま雑記TB:0CM:0
<< 不手際のおわびホーム全記事一覧夢が儚く消えるとき >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/91-ecc4fa3e

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。