常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

監獄ロック (違う!)

2004/08/10(火) 16:29:39


ザ・ロック (cinema)
監督 マイケル・ベイ
ショーン・コネリー 、ニコラス・ケイジ 、
エド・ハリス 、マイケル・ビーン
1996年 アメリカ
かつて秘密作戦で多くの部下を失った将軍が、彼らの遺族に何の補償もしない上部の態度に憤り、手勢を引き連れて天然の要塞アルカトラズ島に立てこもった。期限までに要求が通らない場合、強力な化学兵器を仕込んだミサイルがサンフランシスコに向けて発射される。さらに、彼らの元には偶然島を訪れた観光客80余名が人質として捕われていた。

市民のパニックと、秘密作戦の明るみに出ることを恐れた当局は、SEAL隊員による作戦部隊を結成、彼らに化学兵器の専門家と、アルカトラズからの唯一の脱獄者であるいわくつきの囚人を同行させ、極秘裏に事件の解決を図ろうとする。
元英国スパイである怪しげな囚人に振り回されながらも、彼の手引きで一行は難攻不落のアルカトラズに首尾よく侵入することができたのだが。





アルカトラズが見たくて借りましたが、けっこう面白かったですよ。
見せ場が多いし、ストーリーも破綻らしい破綻がありません。
ただ、まあお話上しかたがないのでしょうが、人がいっぱい死にますね。
しかも、わりと生々しく死ぬので、個人的には凄く好きって感じの映画ではありません。

およ、マイケル・ビーンが出てるんだ!と思ったけど、今回も引き立て役かあ。
わりとしょぼかったですね。もうちょっと出番を引っ張ってもらいたいところでした。

ショーン・コネリーがさすがの存在感です。
若いニコラス・ケイジのボケ役と凄くいいコンビ。
二人のコミカルなやりとりが楽しい脚本でした。


スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< お山の大将ホーム全記事一覧やった、勝った(甲子園) >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/85-208c48a8

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。