常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

愛別離苦

2005/09/27(火) 17:42:49



情事の終り
グレアム・グリーン 田中西二郎訳 
新潮社(新潮文庫)1959年
職業作家として一応の成功をおさめているベンドリクスは、かつて愛人関係にあった美しい人妻サラァを激しく憎んでいる。
一年前、二人はサラァの夫ヘンリを通じて知り合い、誠実で気のいいヘンリの目を盗んで密会を重ねていた。それは、戦時下の、死と隣り合わせの暗い日常を背景に、リアリストで皮肉屋のベンドリクスが柄にも無く我を忘れるほどの、スリリングで熱い恋だった。
しかし、ベンドリクスが幸福の絶頂にあったまさにそのとき、彼らの関係はサラァによって一方的に断ち切られてしまう。なぜ。
二人の情事は、彼女には軽い遊びだったのか。愛してもいない夫との安定した生活が、そんなに大事だったのか?
ある夜、しばらくぶりに会ったヘンリから、サラァの浮気調査の話を持ちかけられ、ベンドリクスの憎しみは更に燃え上がった。浮気女め。俺の他にも次々と愛人を作っているのか!
しかし、ヘンリの代理で探偵を依頼した彼のもとに届いたサラァの日記には、彼が思いもかけなかった彼女の真実が綴られていた。


早川でグリーンの改訳シリーズやってます。これもじきに新訳が出るのではないかと思います。確かに古風な訳文。ヒロインの名前も今なら“サラァ”とはしないんじゃないかな。細かいことですが。
でも、本作の場合、クラシックなモノクロ映画を見ているようで、古いのがかえってしっとりと良い味わいです。新しけりゃいいというものでもありませんね。新版「二十一の短編」はちょっと閉口でした。

ヨロメキ物かと思うような題名ですが、案に相違して、きわめて真面目な小説です。
中心にあるのはもちろんサラァの日記ですが、これが全編、信仰告白、キリシタンで言うところの“コンヒサン”でしょうか、そういったものになっています。
苦しいほどの愛情、その裏にある生の孤独、そして死と喪失へのおそれ。信仰など無縁の近代人として、魂の自立を疑わなかったサラァは、感情的な極限状態の中で、無意識に神を求め、その自己矛盾に苦悩します。
心変わり、別離、死…終りのある人間の“affair”と、永遠の神の愛。それは並び立たないものなのだろうか、それとも。

神様仏様を(苦しい時以外)必要としないし、なくて当たり前と思っている日本人には、ちょっとわかりにくいです。神様はこんなにも人にまとわりつくものなのか……というところでハッと思い出しました。

マキューアンの「愛の続き」。あのタイトルは、このことだったのか。
全然気がつかなかった。あの時は、まだグリーン読んでなかったし。
神様って、ストーカー? いや、まあ、そういうわけではないんですが。
スポンサーサイト
読んだ本TB:1CM:0
<< ダース・ベイダーが一日駅長ホーム全記事一覧かぼちゃの馬車 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
『『情事の終わり』(グレアム・グリーン) :偶然と奇跡』
作家の男が、高級官僚であるその友人の妻と恋に落ちます。幸せな日々が続くのですが、時代は第二次大戦末期。ナチ=ドイツは最後の抵抗としてロンドンを空爆します。その爆弾のひとつが、二人が枕を共にする、その建物に落ちてくる。女は、男が死んだものと思う。そして、生
Pharmakon de Platon|2005/11/08(火) 23:18

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/7-bba49fdd

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。