常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

きれいはきたない・きたないはきれい

2004/07/10(土) 18:26:36


愛しのローズマリー(cinema)
監督 ボビー・ファレリー ピーター・ファレリー
ジャック・ブラック グウィネス・パルトロウ
2001年 アメリカ
幼い頃死んだ父の「最高の女とつきあえ」という遺言が深層心理に染み込んだハルは、飛び切りの美女に言い寄っては振られてばかり。分相応のいい娘は大勢いるのに、見向きもしない。ハルにとって、女は見てくれがすべて。中身なんかどうだっていいのだ。
ある日偶然知り合った有名な心理カウンセラーが、ハルの偏見を治療するため、催眠術をかける。そのとたん、ハルには今までと逆に、女性の中身しか見えなくなってしまった。




うって変わって 「性格美人」 たちに猛然とアタックし始めたハルは、全戦全勝。急にモテモテになって大満足。友達は、女の趣味が180度変わってしまったハルに呆然とするが、ハルの目には彼女たちが絶世の美女に映っているので、まわりの困惑などお構いなしだ。そんな彼の前に、今まで見たこともないほど清純でスタイル抜群の美人が現れた。きれいなのに、お高くとまっていなくて、万事控えめで賢くやさしいローズマリーに、ハルはたちまち心を奪われてしまった。しかし、ハルに見えない彼女の外見とは……。


あ~やれやれ、つまんないもんを見てしまいました。
「スクール・オブ・ロック」 のジャック・ブラック先生が主演です。ジム・キャリーほどではないが、濃い目の顔と演技で、私はやや苦手。スリムで有名なグィネスが超肥満体に化けるところが唯一最大の見ものですが、グィネスはブスの演技が上手くありません。まあねえ、生まれてこのかた、見た目で苦労したことなんかないんだから、要求するほうが無理でしょうけれども。

ファレリー兄弟作品にしては、ひねりも毒もちと足りませんでした。美人=性格ブス、ブス=性格美人というくくり方は、いくらコメディでもあまりに単純すぎますしね。

とはいっても、性格破綻も含めて、「とどのつまりはみんなフリークス! 」 という、例によってオチにならない破壊的なラストは笑えました。

スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< 勝利の方程式ホーム全記事一覧どこかで聞いた話 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/54-022017cb

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。