常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

金融の宿痾

2009/01/24(土) 12:20:09

昭和金融恐慌史 (講談社学術文庫)
昭和金融恐慌史(book)
posted with amazlet at 08.12.13
高橋 亀吉・森垣 淑
講談社(講談社学術文庫)

その一
現代人の品格がどうとか、拝金主義がどうとか言いますが、人間の本質ってそんなに変わるものじゃないですね。
明治生まれの人たちが起こした昭和恐慌も今の金融恐慌も、時代背景の違いこそあれ、根にあるものは同じです。どの時代にも、どの世界にも、欲につられて行動する人と、そうでない人と、二種類の人間がいるというだけ。そして、見たところ、そうでない人種のなかにも、たまたまそのような機会がなかっただけの人と、強い信念を持って、欲望に背を向けて生きる人の二種類があって、後者はほんとにほんとに、ごくわずかだと思われます。
昔々、もう見るからに学問一筋、世間のごたごたとは一線を画して生きておられるものだとばかり思っていた高名な老博士が、「相場に手を出して大やけどしたことがある」とおっしゃっているのを聞いて、私はショックでしたよ……。
だから、ウォール街の失敗について、そこらへんの人たちがこぞって批判するのって、どんなものだろうか。

その二
著者は、特定の企業の金庫番として発生した明治の銀行の前近代的な体質に、恐慌深化の原因を求め、銀行の企業への隷属体質を改めれば問題が解決するという、楽観的な見方をしていますが、それほど簡単な話なのでしょうか。
確かに、特定企業とのパイプを断ち切れば、最初の融資決定の段階では健全な取捨選択がはたらき、資金を入れるべきところに入れ、そうでないところへは貸さないという「まともな」判断もできるでしょう。
しかし、昨今の黒字倒産の事例などを見ていますと、一定の好景気の期間を経たあとで、下向きに転じたさいには、やはりどうも、健全な取捨選択は難しいのではないかという印象です。

たとえばここに、今回の恐慌以前にすでに経営が悪化していたAという会社があります。好景気に急成長した会社で、銀行はたくさん融資をしていますが、ずさんな経営のせいで事業に破綻をきたしています。このまま金を入れ続けたところで立ち直る見込みはないので、銀行も見放していて、更生法申請は目前だったのですが、そこへ恐慌が起きました。すると、この会社の業績不振も、マーケットからは他社同様に恐慌起因のものとみなされて、表面的には目立たなくなってしまいます。
一方、銀行を始めとする金融機関は、恐慌のおおもとである資金運用の失敗から大怪我をします。そうなるともう、A社は潰せません。ここでA社が潰れたら、中身は既に死に体ですから債権ごとふっとんでしまい、A社に貸し込んでいる銀行は、ただでさえ弱っているところへ更に打撃をこうむります。致命傷になるかもしれません。いきなり倒産されたくないので、ちまちまと運転資金のリファイナンスで延命させるよりほかはありません。
逆に、経営はそこそこ健全だったのに、たまたまマーケットの大暴落で苦境に陥ったB社の場合は、ほんの数億のリファイナンスを蹴られて倒産してしまいました。今はできれば貸したくない銀行側の事情と、中身のしっかりしたB社なら、潰してもそれなりに債権回収できる見通しがあったから。B社はA社よりも「ちゃんとしていたから」融資を断られた、というはなはだ理不尽な状況が発生したわけです。

結局のところ、銀行が独立した存在であれなんであれ、民間の一企業であるかぎり、彼らの融資を受ける一般企業の「適者生存」なんていうのは絵に描いた餅で、金融機関の「お家の事情」優先は避けられません。
いささか話は飛びますが、評判の悪かった護送船団方式にしろ、今は無き興長銀にしろ、バブル後の公的資金注入の過程で手放した種々の政府(or官庁)主導型の金融システムは、そもそもこういった弊害を是正するための仕組みだったのでは、と今更ながら思ったりします。


さて昭和恐慌に戻りますが、この混乱のあおりをくらって、祖母の実家は倒産しました。江戸時代から何代も続いた商家だったのですが、あらいざらい差し押さえられて、持っていかれたそうです。家だけがかろうじて残り、幸い戦災には遭いませんでしたので、戦後も長く、朽ちかけた女中部屋だの使用人の部屋だの厩だのが、往時の繁栄のおもかげをとどめていました。破産当時の一族のショックはいかばかりであっただろうかと思います。
この事件が教訓となって、終戦時に外地にいた祖母は、玉音放送を聞くやいなや、敗戦の衝撃もものかは、銀行にかけつけて預金を全額引き出してきたというひとつ話があります。
彼女は金融機関というものを信用していませんでした。金融機関の扱う有価証券も貨幣さえも信頼せず、使える間にさっさと使ってしまい、最後まで抱え込んでいたのは「モノ」で、これをさまざまなモノやサービスと交換しながら、彼女の一家はどうにか全員無事に本土に引き揚げ、戦後を生き延びてきたのです。
敗戦によって、国というものに対する信頼も地に落ちた時代を生きた人です。今も存命だったら、預金保護なんて何の保障にもならない、家族が大事ならさっさと預金を引き出しておいでと、叱りつけられたかもしれませんね。


昭和恐慌が遠因のひとつとなって、日本が無理な戦争への道を歩みだしてしまったことを思うと、経済の混乱は単に経済の世界のみにとどまらない、はかりしれない影響力を秘めているわけで、今回の世界恐慌もこのさきどのような未来へつながるのか、空恐ろしい気がします。

スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< 駆除される人類ホーム全記事一覧お馬さんは?お馬さんは死んでないよね? >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/388-0c9df646

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。