常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

魂の放浪

2007/06/14(木) 23:01:17

耳に残るは君の歌声
耳に残るは君の歌声(cinema)
監督 サリー・ポッター
クリスティーナ・リッチ、ジョニー・デップ、
ケイト・ブランシェット、ジョン・タトゥーロ
2000年 イギリス/フランス
posted with amazlet on 07.06.13

ナチスのポーランド侵攻前夜、東欧のユダヤ人集落に生まれ、迫害の中で父親と生き別れた少女フィゲレが、イギリスからフランスへと、西欧文化の中を流れ歩きながら、失われた父と心の故郷を捜し求める物語。

歌の上手な父親と、その血を引いた美声の娘。彼女の運命の転機には、必ず歌がからみ、音楽映画のような味わいです。
とりわけ印象的なのは、彼女が、イタリア人歌手の歌う「真珠取り」で一気に過去へ引き戻される場面。スージーと改名し、イギリス家庭で育ち、イギリス女性としてパリに渡り、西欧文化にどっぷりつかって、ユダヤ人だった昔がすっかり遠いものになっていたそのとき、父そっくりの美しいテノールを耳にして、思わず身を乗り出します。
そこへ偶然居合わせたロマの青年が、彼女のただならぬ様子に関心を寄せ…というところから、この二人の「血が血を呼ぶ」ような恋物語が、後半の中心となってゆきます。

居留地を渡り歩くロマの人々のように、フィゲレ=スージーも、村からイギリスへ、イギリスからフランスへ、フランスからさらに大陸へと生活の場を移していきます。
彼女を動かすのは、彼女の意思と同時に、父の祈りであり、祖母の思いであり、彼女を救った教師やオペラの座長、そしてもちろん、恋人の願い。彼らが彼女の求める「故郷」の象徴となる一方で、彼女自身が彼らにとっての、かけがえのない「無垢な希望」でもある。
一見、「母を尋ねて三千里」の同工異曲のようなこの作品は、彼らの側から見れば、故郷喪失者たちの受難と、「希望」を自由の天地に解き放つことによる救済を描いたものともいえるでしょう。


テーマソングの「暗い日曜日」は時代背景、「真珠取り」は、ストーリーの共通性(自らを犠牲にして好きな女を逃がす話)から選ばれたのだと思います。どちらも非常にポピュラーな名曲で、悪くはないのですが、「日曜日」は大戦中の話に使われすぎって気もするし、「真珠取り」はあまりにもメロドラマチック。まあ、どっちみちメロドラマだからいいのか…。
せっかく音楽好きのロマの人たちの話なのだから、もうちょっとそれらしい歌があればなあ。


ロシアからの亡命者で、堅実なスージーとは対照的に、享楽的で生に貪欲な友人を演じるケイト・ブランシェットが、別人かと思うほどのお色気と華やかさで、とても上手。彼女がいちばん現実的で痛々しい役どころです。
彼女の相手役となるイタリア人歌手も、時代の芸術家の典型。観客にはこの先が見えているだけに、単なる悪役とは思えない。
ジャン・レノから脂を抜いたような感じのお父さん、いいな~と思って見てたら、この俳優(オレグ・ヤンコフスキー)は、タルコフスキーの「ノスタルジア」の人でしたか。見違えました。

そして、ジョニー・デップは今更言うまでもありませんが…そもそもこの映画、シネフィルのジョニー・デップ特集でやってたのを見たのでした。その前にくっついてたインタビュー番組も面白かったです。
むこうの俳優の話を聞いてて凄いなと思うのは、みんな大学だとか映画スクールだとかで、演劇理論を一通り勉強しているんですよね。それに比べると、日本は個人の才能任せか、監督-俳優の徒弟制度みたいな勉強がほとんど。
ぽっと出のアイドル俳優で固めてる時点で、作品の厚み自体が違うのも無理ないかと思っちゃったのが、次に見た「デス・ノート」でありました。

スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< キャスティング・ボードホーム全記事一覧入隊一ヶ月 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/383-5325358c

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。