常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

虹の彼方に

2007/05/28(月) 00:28:29

ベティ・サイズモア
ベティ・サイズモア(cinema)
監督 ニール・ラビュート
レニー・ゼルウィガー、モーガン・フリーマン、
グレッグ・キニア、クリス・ロック
2000年 アメリカ
posted with amazlet on 07.05.26

田舎町の大衆食堂で働くしがないウエイトレスのベティ。そこそこ美人で、おとなしく気立てのいい彼女は、同僚や常連客の人気者だ。でも、バカで身勝手な夫は、誕生日におめでとうの一言もくれない人非人。さっさと自立して、あんな男捨てちゃえ!と友達は言うけれど、なんとなく踏んぎれない…。
そんな彼女の唯一の楽しみは、青年外科医の波乱万丈の活躍を描く連続テレビドラマ。主役デビッドの登場シーンでは、つい仕事も忘れてテレビに見入ってしまうほどの大ファンだ。
ある日、けちな犯罪に手を出した夫が、二人組のギャングに殺されてしまう。偶然現場を目撃したベティは、ショックのあまり正気を失い、ドラマの世界に完全逃避。自らをヒロインと思い込んで、衝動的に家を飛び出し、「運命の恋人」デビッドと結ばれるため、一路ロサンジェルスへと車を走らせるのだった。

ベティの話がおかしいことも、その元ネタにも、誰でもすぐ気づくのですが、彼女の「愛の夢」があまりにもきれいで無邪気なので、つい、面白がっておとぎ話につきあってしまいます。
誰だって、素敵な夢を見てみたい。信じてみたい。そんな人々の思いにいたわられ、ふわふわしたシャボン玉みたいに危なっかしい空想は、壊れそうでいてなかなか壊れません。
一方、夫殺しの容疑者にされたり、夫が隠した「ブツ」を狙うギャングたちが彼女を追ってくる、という、サスペンスドラマさながらの現実が、刻一刻と背後に迫ります。美しい夢と汚い現実の衝突、結果は吉と出るか凶と出るか。


強いショックから一時的に妄想の世界に逃避することを医学用語でフューグ(遁走。フーガの英語読みですね)というのだそうです。ドラマや小説や映画にはまっている時には、誰しもいくらか現実逃避的になるもの。だからこそ、ベティの奇行に少なからず共感できて、笑えるのでしょう。(同じ妄想でも、クレランボー症候群ともなると、完全な病気で、面白いどころではありません。)
登場人物が、彼女の夢に次々に感染してゆき、ドラマの虚実、夢と現実の境界もぼやけてきます。ベティは完全に夢の中の人になってしまうのか、ふたたび色あせた日常に戻ってくるのか。
とても健康的な結末が待っています。自分探しのラストはこうありたいものです。

「冬のソナタ」ファンのおばさんたちの気持ちがちょっとだけわかったような気がしました。そういえば、私のまわりにも、「ペ・ヨンジュンじゃなくて、チュンサン/ミニョン(ヨンさまの役名)が好きなの。あれが私の理想の男性」と言ってる人がいましたっけ。

スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< 近世の医療ホーム全記事一覧禁断の恋 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/377-b7f8e9f0

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。