常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

禁断の恋

2007/05/26(土) 15:30:26

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ブロークバック・マウンテン(cinema)
監督 アン・リー
ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、
アン・ハサウェイ、ミシェル・ウィリアムズ
2006年 アメリカ
posted with amazlet on 07.05.25


婚約者のいるノンケのカウボーイが、ゲイと組んで二人きりで仕事をするうちに、ゲイに惚れられ、なんとなくその気になって、うっかりそっちの道に走ってしまい、人生を狂わせるという、ゲイ向けのヨロメキドラマを、アメリカの雄大な大自然をバックに撮影したシュールな作品。

姦通罪なんて何時代の話?ってくらい、不倫も離婚も当たり前の現代、悲恋で盛り上げるなら、もはやこういう設定しか残っていないかもしれません。…にしても、お話自体は陳腐でつまらないので、同じ趣味の人でないと、感情移入は困難です。映像的にかなりキツかった。ふぅ。
この手の恋愛ものなら、フォースターの「モーリス」(ゲイ版ボヴァリー夫人。映画にもなってる)のほうが、ずっと複雑で罰当たりで、面白いと思う。視覚的にもわりとソフトでしたし。


「パードレ・パドローネ」にも、牧童が孤独と無聊に耐えかねて、ヤギだったか羊だったかで…というエピソードが出てくるけど、人間がいれば、相手が男でもこういうことになるんだろうか。動物と人間と、どっちがマシなのでしょうか。
男じゃないので、こればっかりは、どうにもこうにもイメージできない。降参。

スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< 虹の彼方にホーム全記事一覧入隊13日目 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/376-e8666614

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。