常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

風の向くまま

2007/05/20(日) 17:30:11

アルベニス:イベリア 全曲
ラローチャ(アリシア・デ) アルベニス
ユニバーサルクラシック (2003/10/22)


フランス新大統領サルコジ夫人は、アルベニスのひ孫だそうで。
なかなか奔放な方のようですが、血筋でしょうか。

映画「イベリア」で知ったアルベニス。
このあいだ、メガネ屋さんの店内音楽に使われていて、おやっと思いました。普段はイージーリスニングの軽いものばかり使う店なので。でも、聞いていて違和感がない。スタンダードながら、クラシックの重さがないのです。

改めてCDを聴きなおしてみると、譜面があるはずなのに、微妙に即興っぽい。かすかにジャズみたいな匂いがします。
なにしろ、少年時代に家出して、新大陸にわたって、しばらく流しで食べてた人だから、そんな癖があっても不思議じゃないですね。
そういえば、サルコジ夫人も、アメリカに駆け落ちしたことがあったんでしたっけ。

ラローチャはとても上手いのですが、重厚な音。アルベニスには、もうちょっと軽やかなピアノのほうが合っているかも。

スポンサーサイト
偏愛音楽館TB:1CM:0
<< 入隊十日目ホーム全記事一覧文・文・文 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
『駆け落ちについて』
駆け落ち駆け落ち(かけおち)とは、愛し合っている男女がともに逃げることである。駆け落ちは、愛し合っている男女の一方または双方の親に、結婚または交際を反対された場合や、男女の一方が、自らの望まない結婚を親に強要された場合、最後の手段として決行する場合が多い
婚約指輪|2007/05/21(月) 10:56

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/368-a61221a2

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。