常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

踊る山海塾

2007/05/01(火) 23:54:09

サイレントヒル
サイレントヒル(cinema)
監督 クリストフ・ガンズ
ラダ・ミッチェル、ショーン・ビーン、
ローリー・ホールデン、デボラ・カーラ・アンガー
2006年 アメリカ/日本/カナダ/フランス
posted with amazlet on 07.04.29

幼い娘シャロンが繰り返しうなされる悪夢。夢に出てくる町「サイレントヒル」が実在することを知った母のローズは、夫の反対を押し切って、娘を車に乗せ、遠路はるばるその町を訪ねる。しかし、彼らがたどりついたところは、封鎖されたゴーストタウン。何年も前の火災で町は全滅したという。
なぜシャロンは、自分が生まれる前に焼失した町を知っているのだろうか。また、何となくいわくありげな地元警察の態度にも不審を感じたローズは、封鎖を突破し、娘と共に強引に町に侵入しようとするが…。


おなじみゲームネタのホラーです。コナミの日本はともかく、いろんな国が相乗りしているのは、監督さんとロケ地の問題でしょうか。
映像がきれいで、思いのほかいい雰囲気です。人気の無い廃墟に灰が降り積もる「静」の時間と、工場よろしくサイレンと共にお化けが一斉スタートする、ギンギラの「動」の時間の対比が面白く、クリーチャーの動きが何かにそっくりな生々しさで、CG一辺倒のゲームとは一線を画したムードです。
クライマックスのスペクタクルも迫力満点。オチまできちんと作ってあって、これはこれでちゃんと映画になっています。
いちばん可哀想なのは、お父さん…。

スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< ハーレクイン・クライム・ストーリーホーム全記事一覧現在・過去・未来 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/348-aed68ea0

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。