常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

下足番

2007/03/30(金) 23:35:41

 
鴎外と茂吉(book)
posted with amazlet on 07.03.29
加賀 乙彦
潮出版社 (1997/07)

森鴎外、斉藤茂吉をはじめ、木下杢太郎、水原秋桜子ら、医師と文学者という二つの顔を持った人々についてのショートエッセイ集。

医学者としては不遇で、その懊悩を文学へ向けた鴎外、二つの世界に同時に身をおくことで精神のバランスを取った茂吉、最終的に文学を捨て医学を選んだ杢太郎とその逆を行った秋桜子、貧乏医学生の生活費稼ぎの売文が、思いがけない果実をもたらしたチェホフなど、同じ二足の草鞋も履き方はさまざまですが、いずれも、まったく方向性の異なる世界が、"人間"を中心につながって、作品に独特の個性と奥行きを与えているのは面白いことです。
医者の世界を知る著者の目の付け所、読み解き方も、素人とは一味違って楽しい。デュアメル読んでみたくなりました。
スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< 法廷闘争ホーム全記事一覧アパートの白雪姫 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/332-e98d175f

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。