常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ミステリの周辺

2006/10/15(日) 12:18:12

名探偵登場(5)(book)
早川書房編集部 編 (早川ポケットミステリ254)
早川書房 1975年

キャラクターとしての探偵をテーマに編んだミステリ短編集の第五集。
といっても、この巻は、探偵の性格そのものよりは、設定の珍しさ、ストーリーの組み立て方の面白さに主眼が置かれているようです。後のほうのカッコ内が探偵名。

パルミエリ伯のように(アントニイ・バウチャー):(ノーブル)酔いどれ探偵ニック・ノーブルが酒場で出会ったレコードマニアの事件。古書マニアとやることは似ていますが、レコード蒐集のほうがいくらか経済的にリーズナブルのようです。まあレア度がぐっと上がった昨今では、もっとお高くつくのかもしれませんけど。探偵より、相手役のほうが個性的だと思う。タイトルのパルミエリにしてからが「トスカ」の登場人物という、マニアックな短編。
神の矢(レスリイ・チャータリス):(聖者(セイント))聖者と呼ばれる名探偵は実は犯罪者…というのはルパン以来よくあるパターンですが、探偵本人よりも、登場人物のキャラの書き分けが面白い。特に被害者の毒舌は絶品。
さよなら公演(Q.パトリック):(トラント警部)引退公演の日、主役のベテラン女優の部屋で起きた殺人事件。ミステリとしては平凡ですが、なにしろストーリーがドラマチック。演目の「メディア」まで、ある種のヒントに使われているという凝った作品です。
うぶな心が張り裂ける(クレイグ・ライス):(マローン)何となくライスらしいタイトル。素寒貧の探偵が、獄中で自殺した依頼人の謎を解き明かす話。情けは人のためならずという教訓付き。
入れ墨の男と折れた脚(クレイトン・ロースン):(マーリニ)手品師を探偵役とする、推理クイズ二題。解答付き。
大金(ロバート・アーサー):(謎の旅行者)殺人事件の被害者が探偵役という珍しいもの。
女を探せ(ロス・マクドナルド):(アーチャー)探偵は普通ですが、どろどろの人間劇が凄い。
スミス氏、顧客をまもる(フレドリック・ブラウン):(スミス)何の変哲もない保険の担当者が、業務上のなりゆきで探偵役に。保険に入っておいて良かったですね。
名探偵マリナー(P.G.ウッドハウス):(マリナー)確かに職業は私立探偵なんですが、推理なんか、しとらんだろうが! いや、一つだけありましたね、ほとんどどうでもいいのが。まあ、全部解決したんだからいいか。ウッドハウスらしい、とぼけたショートストーリーです。

スポンサーサイト
読んだ本TB:1CM:0
<< チャングムの呪いホーム全記事一覧レトロな翻訳短編集 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
『』
名探偵名探偵(めいたんてい)とは推理小説などに登場する手に入れた情報や証拠をもとに推理を行い真実を探り出し、事件を解決へと導く存在のことである。名「探偵」とはなっているが探偵を職業としない「名探偵」も多い(作品外では「探偵役」とも呼ばれる)。名探偵の歴史
ミステリー館へようこそ|2007/08/07(火) 13:48

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/308-26414b1e

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。