常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

だまし絵

2005/09/10(土) 17:53:26



事件当夜は雨
ヒラリー・ウォー 吉田誠一訳 
創元推理文庫 2000年

まず序章で、「出遭いがしらの殺人」という以外に何の共通性も無い三つの事件が、ある本に採録された「実話」として紹介されます。
それからおもむろに本編に入るのですが、しょっぱなからいきなり起こる殺人事件、先の三つの事件とは無関係で、「いったい何をやってるんだろう作者は」と思いながら読み進めるうちに、だんだん、登場人物や捜査のそこここに、三つの事件のそれぞれの特徴が、うっすら透けて見えてきます。
それで、ようやく序章は全体のヒントなのだと気がつくわけですが、さあ、三つのパターンのどれが正解なのでしょうか。それとも、全く違う展開が用意されているのかな?


推理の主役は田舎町の警察署の署長と部下たちです。頭脳明晰なスーパースターは一人も登場しないけれど、彼らがスーパースターでないからこそ、読み手のほんの半歩先を歩いているような臨場感があり、ついついのめりこんでしまいます。

豪雨の夜に殺されたよそ者の果樹園主。彼を取り巻くのは、若くて美人の女房、ちょっとイケてる使用人の青年、長年音信不通のあやしげな弟。周りに転がっているのは、どうとでも解釈できそうな、平凡な手がかりばかり。
噂好きでおせっかいな田舎のおばちゃんたち、営業努力の対極にある雑貨屋のおやじの放漫経営など、情報提供者?の悪気の無い攪乱に悩まされながら、署長たちは根気良く捜査を続けます。登場人物についての辛らつだがユーモラスな描写も、ウォー作品の魅力の一つ。

悪戦苦闘の果て、いよいよ手詰まりかと思われたそのとき、彼らはついに真犯人にたどりつきます。しかし、話はまだ終わりません。


どうでもいいけど、写真の帯がヤダな。








スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< 余計な種明かしホーム全記事一覧私を見て。 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/3-b21cdce8

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。