常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アメリカの悩める人々

2006/08/29(火) 18:04:41

クラッシュ
クラッシュ(cinema)
監督 ポール・ハギス
サンドラ・ブロック ドン・チードル
マット・ディロン ジェニファー・エスポジート
ブレンダン・フレイザー テレンス・ハワード
2004年 アメリカ
posted with amazlet on 06.08.28
東宝 (2006/07/28)

人種問題を主軸に、若年者の犯罪、貧困、介護など、現代のアメリカにおけるさまざまな社会問題にからめて、人間関係に悩む孤独な人々の交錯(クラッシュ!)するさまを淡々とコラージュした映画。
麻薬問題を扱った「トラフィック」に似た感じの手法で、人間ドラマを通じて単純には解決しない社会の病理を描き、観客に問題提起をする作品です。
実力派俳優を揃えて、バラバラの話をそれぞれ見ごたえのある画面にまとめ、退屈させません。喜劇あり悲劇あり、ほっとする大団円も、救われない暗い結末も。

特に、抜きがたい差別意識と人間的な誠実さを併せ持つ、複雑な性格の警官を演じたマット・ディロンが光っています。いい役者です。しかし、老けないなあ、この人。

 
スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:1
<< 読むマンガホーム全記事一覧コモンセンス衰亡記 >>

コメント
サンドラなどをデ
サンドラなどをディロンしなかったの?
BlogPetのありす #-|2006/08/30(水) 14:01 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/290-b83cc9c1

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。