常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おんにょろ騒動記

2006/07/25(火) 18:11:56

トレマーズ
トレマーズ(cinema) 
監督 ロン・アンダーウッド
ケビン・ベーコン,フレッド・ウォード,
フィン・カーター マイケル・グロス
1989年 アメリカ
posted with amazlet on 06.07.25
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006/04/19)

ネバダ州の砂漠地帯で、局地的な群発地震とともに、家畜の全滅や、失踪者の頻発など、奇妙な出来事が相次いだ。孤立した集落では、外部への連絡もままならず、住民たちが手をこまねいている間に、地震の主である大ナマズ、じゃなかった、謎の巨大地下生物が地表へあらわれ、逃げまどう人々に襲いかかる!


またB級映画を観てしまいました。
「ジョーズ」のパクリ映画の一つなんだそうです。そういえばそうかも。
とっても単純なビックリホラーで、変に気取った理屈のないのがいいところです。


物凄い怪物が出てきたのに、「どこから現れたのか(地球外生物?)」とか、「なぜ今現れたのか」とか、誰も、ぜんぜん考えません(科学者も居合わせているのだが)。
うわー、出たー!と騒いでいるだけ。次々に人が殺されちゃって、大変なことになってるのに、あんまり深刻になる人がいない。何故かみんなひょうひょうとしているのが笑えます。
孫の代まで語り継がれる“田舎の大事件”の雰囲気。戦い方も武器も、お金をかけないB級映画らしく、非常にチープですが、それなりに整合性があって、きちんとまとまっているのは立派。


ケビン・ベーコン、ほんとにB級向きの人ですねえ。「インビジブル」なんかもそうでしたけど、彼が出ているだけで、どんな緊迫のシーンもお笑いが入ってしまいます。演技が軽いんでしょうか。なにしろ独特の味わいのある俳優さんですね。大好きです(笑)。


怪物のデザインもなかなかでした。二重構造がステキ。ぬいぐるみに作ると、可愛いかも。

 

スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< みんなの恋の物語ホーム全記事一覧Blog Write が重宝な件 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/277-7c2ba89a

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。