常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

赤い館 (book)

2004/05/31(月) 17:35:13



赤い館
H.R.ウエイクフィールド著 倉阪鬼一郎・鈴木克昌・西崎憲訳
国書刊行会(魔法の本棚) 1996年

スタンダードな怪談集。
幽霊譚のパターンを大半は網羅しているのではないでしょうか。
怖いことは怖いのですが、どこか古典的で落ち着いた感じのする作品集です。

赤い館
謂れの無い悪意に満ちた古い屋敷に翻弄される若い家族。主に視覚と触覚による恐怖。

ポーナル博士の見損じ
カーシュの「廃墟の歌声」に、チェス狂の怪談があります。この作品も、書き出しは同類かと思いましたが、あくまで現実に恐怖を見るカーシュと違い、進むにつれて幻想の世界へと展開してゆきます。この種の逸話は、日本ですと将棋よりも囲碁に多そうですね。
ボーナル博士の世界の扉を永久に鎖すがごとき結末は、たいへん素晴らしいものでした。

ゴースト・ハント
ラジオ放送というところが時代を感じさせます。怪談の世界では、とっくに「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」をやっていたんですね。

最初の一束
古い風習を守る閉鎖的な村の恐怖。次は自分の番だったのでは…と考えると、余計に怖いです。

死の勝利
これもホーンテッド・マンション物です。アメリアは全然悪くないのに、ひどいじゃないか、と思いますが、勧善懲悪なんかせせら笑うところが悪霊の悪霊たるゆえんですから、仕方がありません。

彼の者現れて後去るべし
あッ、麻原彰晃だっ! ほんと、そっくりです。彼の異様なカリスマ性は、こんな感じのものだったのではないかと思われます。呪文にまつわるストーリー自体は荒唐無稽で、いささか馬鹿馬鹿しいものですが、人物描写がリアルで興味深い。

悲哀の湖
不思議な湖の怪談。ですが、湖よりも語り手の心理に惹きつけられます。
ちらっと回想される「父」はどのような人物だったのか。「不愉快な母親」と、どんな交渉があったのか。また、語り手が母でなく父に絶対的に共感しているのはどうしてなのか。進退窮まって「父さん、父さん」と叫ぶ、それほどの強い絆が生じたのはなぜか。
もしかすると、何らかの原因があって、死せる父親が、未だに語り手の行動に強い影響を与えているのかもしれない。
考えれば考えるほど、裏にものすごいドラマがありそうなので、もうちょっと、詳しく知りたかったですね。

中心人物
人形劇セットは、子供の玩具として大変人気があったようです。今見ると、すごく怖いキャラばっかりで、こんなのを子供部屋に飾ったら、それだけでうなされそうなんですけれど。

不死鳥
ヒッチコックの「鳥」プラス「白い巨塔」(笑)。数学者と鳥って、あまり結びつかないような気もしますが。

スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< ラスト サムライ(cinema)ホーム全記事一覧七つの丘のある街 (book) >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/27-c0475fac

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。