常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おかしなおかしな未来社会

2006/05/16(火) 21:55:00

無限がいっぱい

ロバート・シェクリイ著 / 宇野 利泰訳
早川書房 (2006.5)
通常1-3週間以内に発送します。

SFに文明批判をブレンドしたユーモラスな短編集。半世紀を経た現在、アイデアそのものは古くなってしまいましたが、寓話としての意義は健在です。

グレイのフラノを身につけて: “グレイのフラノ”は、安サラリーマンの象徴。ネットじゃないけど、出会い系ビジネスのお話です。ラストは爆笑。
ひる: ブラックホールが生命体だったら! イーガンにも移動式ブラックホール(ワームホールだっけ?)の話がありましたが、こっちのほうが怖いかも。
監視鳥: マイノリティ・リポート。もしくは共謀罪。これは問題ですよ。やっぱりやめたほうがいいって。
風起る: 一難去ってまた。
一夜明けて: 食う寝るところに住むところ、でも人生それだけじゃない、という話。それにしても、彼ら選挙民の生活費はどこから供給されているのかな。選挙資格のない奴隷が存在するという設定なのかしら。
原住民の問題: フロンティア、ないし植民地政策を皮肉った作品。
給餌の時間: おっとっと、ネット詐欺。女の裸に釣られてワンクリックで大変なことに!!
パラダイス第2: 食うものと食われるもの。冒頭とラストに同じ単語が出てきますが、意味は…。
倍額保険: 詐欺から出たまこと。但し書の意味をよく考えてみよう。
乗船拒否: 人種差別の反対の反対の反対の…。
暁の侵略者: 異星人に意識を乗っ取られる話は数々あります(たとえば「ドリームキャッチャー」とか)。でも逆は珍しいのでは。
愛の語学: “愛してる”のもっとも適切に感じられる表現はホニャララ。なんだかトリビアの種みたい。定義できないものは存在しない? んなわきゃないでしょ、というあてこすり。実際の哲学とはちょっと違うと思うけど。


 
スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< 記憶の横溢ホーム全記事一覧近未来エコノミックフィクション >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/244-9456922a

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。