常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

キュート

2006/05/01(月) 16:58:45

ミニミニ大作戦
ミニミニ大作戦(cinema)
監督 F・ゲイリー・グレイ
マーク・ウォールバーグ シャーリーズ・セロン
エドワード ノートン セス・グリーン
2003年アメリカ
posted with amazlet on 06.05.01
ポニーキャニオン (2005/07/06)


意外な拾い物。
オリジナル1969年作のリメイク版です。元を見ていないので比較はできませんが、二番煎じだとしても、スピード感たっぷり、仕掛けもなかなか洒落ているし、新型ミニもカラフルでかわいい、これはこれで楽しい作品でした。

泥棒対泥棒、騙し騙されのピカレスク、といっても、ストーリーはいたって単純で、気楽なエンタテインメントです。

全編カーアクションが売りかと思ったら、ミニクーパーが縦横無尽に爆走するのは後半。前半の見せ場はベニスのボートアクションですが、これが案外なことに、後半に勝るとも劣らない迫力で、一見の価値はあります。
水の都のボート、大都会のミニ、アクションだけでなく、映像としてもきれい。

マーク・ウォールバーグは、どこかで見たと思ったら、「パーフェクト ストーム」の若い漁師ですね。ばりばりのハンサムではないけど、感じのいい青年。紅一点のシャーリーズ・セロンはスリムでコンパクトで、ミニにぴったり。きれいだけど、ごてごてしていないところがいい。他のキャストも、おっ!と目立つ俳優はいないけれど、みんなそれなりに役にはまっていて、リアリティがあります。
あと、音楽も良かった。サントラいいかも。

地味ながら、手抜きのない映画。昔の話題作のリメイクは、ガッカリすることが多いのですが、これは珍しく良かったです。


 
スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< 死の甘い誘惑ホーム全記事一覧人生を巡る15の旅 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/235-daa845e0

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。