常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

仮定法過去完了

2006/04/25(火) 16:29:59

レベル3

レベル3(book)
posted with 簡単リンクくん at 2006. 4.25
ジャック・フィニイ著 / 福島 正実訳
早川書房 (1982)
通常2-3日以内に発送します。


時間旅行、というとSFのようですが、それをいろいろな角度からとらえた小品を集めた短編集。SF的なものもあれば、ファンタジー、ちょっと変わったショートストーリーなど、いろいろです。
フィニイは、長編でも一貫して時間旅行にこだわっているようですね。


レベル3」「おかしな隣人」「こわい」「失踪人名簿」は、いずれもストレートな時間移動ものです。ちょっとホラーも。
雲のなかにいるもの」と「青春一滴」は、ヒネリの効いた恋物語。恋愛って、ある意味別世界旅行ですね。
潮時」は、「トムは真夜中の庭で」の大人版といったところ。しかし、とてもハッピーエンドとは言えない、暗いラストです。
ニュウズの蔭に」は、おとぎ話。
世界最初のパイロット」これはユーモアファンタジー。じいちゃんのホラ話。
第二のチャンス」は、“運命の車”という点で、キングの「クリスティーン」と少し似ていますが、変なところへ連れていかれなくて良かった。
死人のポケットの中には」は、後悔がテーマのシンプルな話。考えてみると、フィニイの時間旅行ものも、すべて「あの時ああしていれば」「今があのときのようだったら」という思いから成り立っているのではないかと思います。

そのせいか、全般的に懐古趣味。いささか鼻につきます。そんなに昔が良かったかしら?
まあ、日本の戦中派にすら過去を懐かしむ人がいるくらいだから、“古き良きアメリカ”の信奉者は多いのでしょうね。

 
 



スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< やぶにらみのイソップホーム全記事一覧クリアリー女史 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/229-5e14c39d

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。