常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

卒業シマシタ

2006/03/18(土) 17:55:52

TB企画「私、卒業します!」参加です。

卒業します、ではなく、つい先日卒業したんですね。
2号君が高校を。

大好きな大好きな学校で、毎日楽しくて楽しくて。
睡眠時間を除くと、一日の9割は学校に居たんじゃないかしらん。
長期休暇期間も含めて、まるまる三年間、家ではこいつが物食ってる姿と寝てる姿しか見ていないような気がする。食べながら寝てたこともある! 

今時こんなに学校が好きなんて、ほんとうに幸せね。
しかし、大学進学がスムーズにいかないのは、一部そのせいかと思われます。

どうせ進路も決まらないのだし、あと一年ぐらい高校に置いといてくれないかしら…って、そりゃ無理な相談ですか。


せっかく出かけた卒業式、息子とはただの一度も会いませんでした。校内にいたとは思うけど、「送る会」にも現れず、どこに居るのかわかりません。
ちなみに、「送る会」に出た卒業生は20名強/350名、残りは校内各所に潜伏していたものと思われますが、絶えず移動するため、居場所を特定することは不可能でした。

幼稚園、小学校、中学と、一応義理堅く卒業式に出席してきましたが、回を追うごとに、感動は薄れてゆきます。
前回中学の卒業時は、校舎を出たところをつかまえ、どうにかこうにか友達と記念写真を一枚、撮るや撮らずのうちに雲隠れ。
でも、思えば、写真が一枚残っただけ幸運だった。

本人の所在不明では、写真も撮れやしない。
しかたがないので、親同士で写真を撮り合って帰りました。

オバサンがずらっと並んで、いったい何の記念写真なのコレ? 
萎えた…

スポンサーサイト
なみま雑記TB:0CM:0
<< ジェームズ・ハリス氏の・ちょっと厭な話ホーム全記事一覧恋しくば、たずねきてみよ >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/202-17dc3356

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。