常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

季節外れのクリスマス

2006/03/13(月) 17:32:40

夜明けのフロスト

R.D.ウィングフィールド〔ほか〕著 / 木村 仁良編 / 芹沢 恵〔ほか〕訳
光文社 (2005.12)
通常24時間以内に発送します。


光文社刊の雑誌「ジャーロ」に掲載された短編ミステリのうち、クリスマスもののアンソロジー。表題作は中編ですが、フロスト警部シリーズとしては異例の短さ。それでも中身はコッテリ。
あったかいクリスマス、寒~いクリスマス、それぞれのholy night。
季節外れのクリスマス気分が味わえます…って、今頃、いったい何のために?!

クリスマスツリー殺人事件(エドワード・D・ホック)
定年退職した元刑事のレオポルドが、暇に飽かせて迷宮入り事件に取り組みます。35年前のクリスマスシーズン、ツリーを積んだ赤いピックアップ・トラックばかりが狙われた連続殺人事件。犯人の狙いはなんだったのか?

Dr.カウチ、大統領を救う(ナンシー・ピカード)
おじいちゃんの自慢話。

あの子は誰なの?(ダグ・アリン)
クリスマス間近のある日、やもめのキャッシュの前に、包帯ぐるぐる巻きの若い海兵隊員が現れ、実の父親(バイオロジカル・ファーザーっていうんだよね、大げさな言い方!)を探しているという。彼の母親(故人)は、結婚した時すでに身ごもっており、相手はキャッシュの学生時代の仲間の誰からしいのだが…。
キャッシュは警察勤めの利点を生かして、父親探しに一肌脱ごうとするのですが、そのことが仲間内に思わぬ波紋を呼び、彼の善意とはうらはらに事件が起きてしまいます。
結末はあったかな、クリスマスのちょっといい話。

お宝の猿(レジナルド・ヒル)
美術館から黄金の猿像(という設定が馬鹿馬鹿しくて好き)が盗み出され、全英捜査機関(NCS)が動き出した。NCSに異常に対抗意識を燃やす地元警察のダルジールは、いきなり奮い立って、大車輪で捜査を展開、ブツが「柊の森」荘にあることを突き止め、役に立つのかどうか微妙な部下を率いて、寒い寒い張り込みを。
オチは猿以上に笑えるユーモアミステリ。

わかちあう季節(マーシャ・マラー&ビル・プロンジーニ)
職場のクリスマスパーティー(こちらでの忘年会みたいなもんですね)を狙った産業スパイ事件。最後は乾杯。

殺しのくちづけ(ピーター・ラヴゼイ)
クリスマスならではの犯罪。

夜明けのフロスト(R・D・ウィングフィールド)
酔っ払い、誘拐、強盗、捨て子、行方不明の少女、そして殺人事件。てんこもりの事件に下品なジョークをミックス&クリスマスをトッピング。
パーティー明けでヨレヨレのフロストが、快刀乱麻、というより事件まみれになりつつ、最後は例によって、どうにかおさまるところにおさめます。

 


スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< 森の中ホーム全記事一覧格差と貧困 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/197-b97d2822

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。