常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ヘルス・エンジェルス

2006/03/07(火) 22:17:29

コンスタンティン 特別版 (初回限定版)

コンスタンティン 特別版 (初回限定版)
監督 フランシス・ローレンス
キアヌ・リーヴス レイチェル・ワイズ
シア・ラブーフ ジャイモン・フンスー
2005年 アメリカ
posted with amazlet on 06.03.07
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/09/02)


生まれつき、あの世のものが「見える」能力者コンスタンティンは、かつては自分の力に怯えて自殺をはかったこともあったが、今は凄腕のエクソシストとして活躍する毎日だ。地獄を恐れる彼は、自殺の罪からまぬがれるべく、せっせと悪魔祓いに励んで、人助けの善行を積んでいるのである。
そんな彼のもとに、ある日サタンの邪悪な息子が復活しようとしているとの情報が届く。地獄の王である父の監視をかいくぐり、この世に現れて、全世界を支配しようともくろんでいるらしい。
やがて、邪魔なコンスタンティンと仲間たちを排除すべく、悪魔たちの攻撃が始まった。


ダ・ヴィンチ・コード」ほど難しく考えなくたって、かくのごとく、キリスト教的記号は、欧米世界にごろごろしています。

1号は、何がどうなったのか、最後までわからなかったと首をかしげてました。
そんなに複雑なストーリーではないのですが、多少はキリスト教の基本がわかっていたほうがいいかもしれないですね。といっても、「自殺は絶対ダメ」と「この世はすべて神の配剤」くらい知っていれば、困らないと思うのですが。

まあ、クリスチャンにとっては不快な映画でしょう。どこがって、ガブリエルとかガブリエルとかガブリエルとか。いやあ、すごく妖しくって、私は完全にツボなんですけどね。
皮肉ったらしい態度とか、うすぎたない翼とか、天使のくせに貧相で、とことん嫌な感じなのが笑えます。ガルシア=マルケスの天使とは、また違った意味の面白さです。天使が狂信者というのも、珍しい解釈でしたね。
2号3号は、陽気なサタンが良かったそうです。キアヌも素敵。どういうわけか、完璧な二枚目よりこういうちょっと変な役が似合う人ですね。ある意味色気がないせいかしらん。

これまた原作はコミックだそうです。ネタはまだまだあるようですが、はたして将来続編をつくるだろうか。堕天使となったガブリエルのその後が、是非知りたいです。

DVDのオマケ、「監督とスタッフによる解説」は、かいつまんだ話かと思ったら、"副音声にスタッフの漫談がえんえんと入った本編"というものすごくしつこいシロモノだった。
おもしろくないこともなかったけど、半分くらい見たところで挫折しました。

 
スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< きゃ~っホーム全記事一覧夢の世界の大冒険 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/187-847aba0c

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。