常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

うかれバイオリン

2006/02/27(月) 00:30:33

フィギュアスケートの荒川さん、メダル取れてよかったですね。関係者一同、胸をなでおろしたことでしょう。

まあ確かに、金も当然の素晴らしい演技であったことは間違いありませんが、おとといから50回ぐらい見せられました。さすがにもう飽きた。いくらなんでも報道がくどすぎます。
今日もまだやるんだろうか…。

メダルの本人より感極まっちゃった安藤さんが、意外と冷静な「しーちゃん」にナデナデされているのが可愛かったです。
自分の演技には、いろいろ思うところもあったでしょうに、この子、きっといい子ですよ。なんでやたらと叩かれるんだろ。

ところで、エキジビションの時、ロシア勢のバックで生演奏をしたハンガリーのバイオリニストが気になって気になって。名前を聞きはぐったので、あちこち調べてようやく見つけました。

Strings 'N' Beats
Strings 'N' Beats
posted with amazlet on 06.02.26
Edvin Marton
Bmg Germany (2003/05/05)>


ジプシー・バイオリンです。そりゃハンガリアンだもんね。
ヴィヴァルディがぜんぜんヴィヴァルディじゃないので驚きました。
ものすごく強い、速い。
2号が「津軽三味線…」とつぶやいていましたが、まあ、ざっとそんなイメージですね。ジプキンのバイオリン版と言っても近いかも。

クラシックもポップスも、なんでもやるみたいで、このCDはオリジナル曲らしいです。輸入盤しかなくて、届くのはかなり先です。
早く来ないかな~。

 



スポンサーサイト
偏愛音楽館TB:0CM:0
<< 闇のヒロイズムホーム全記事一覧路地裏のネズミーランド >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/180-95f92861

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。