常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

いいかげんのススメ

2006/02/03(金) 00:59:57

えっヘン

えっヘン
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2. 3
藤田 紘一郎著
講談社 (2005.7)
通常2-3日以内に発送します。


「えっヘン」と、例の品格の先生のようにそっくりかえっているわけじゃありません。
「えっ。変!」です。真ん中で切れます。

寄生虫博士の藤田先生の文明批評。
と言っても、冗談、もとい、上段に振りかぶったお話ではなく、「からくり民主主義」と同じようなスタンスです。日常の中の「あれっ?」と感じた社会現象を、ユーモラスに批判したもの。
藤田センセイは学者であると同時にお医者さんでもあるので、感想だけで終わらずに、処方まで提案してくれます。

先生は有名な奇人なので、「変な人にヘンと言われても…」という気がしなくもない(笑)。
いくら花粉症に良くても、サナダムシは飼いたくないし、「さすがにそれは無理だろう!」と突っ込みたくなるような極端な話もたくさんあります。
とはいえ、大筋は賛成。「そんなに神経質にならなくたって」と思うようなことを青筋立ててやってる人が、大勢いるのは確かですね。
日本人の理科オンチについては、教育の問題もあるけど、視聴者とスポンサーと権力に媚びているメディアの姿勢にも問題があると思います。
テキトーな情報を、さも本当らしく流すのって、なんとかならないんでしょうか。
スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< 裏切りホーム全記事一覧マイペースで行こう! >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/167-4c9cbf2c

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。