常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

鬼子母神 (ヒトラー雑感)

2005/11/11(金) 14:01:46

ヒトラー映画は完全に出遅れだったのに、トラックバック頂いたりして意外でした。こんなマイナーブログにまでトラバが回ってくるとは、私が考える以上に話題作だったのでしょう。

ついでにあちこち見て回りましたが、意外だったのは、ラストをハッピーエンドと捉えた人が多いこと。うーん、そうかなあ。私は「お話はこれからだ」というふうに受け止めたのですが。
ユンゲのいわば無垢の時代はあそこで終り。あとはホロコーストの情報がなだれ込み、ドイツ国民にとって、長い悔恨と贖罪の日々が現在に至るまで延々と続くわけですよね。

あの映画では、現代の戦中映画としては不自然なほど、ホロコーストの話が出てこない。完全に画面からカットされています。それは、「何も知らない」ユンゲあるいは一般市民の視点を強調する意図もあったとは思いますが、それよりも、第三帝国を描くドイツ映画にとって、ホロコーストはもはや大前提、表に出す必要がないほど、ドイツ人にとっての共通理解事項との解釈だったのではないでしょうか。

裏にホロコーストが厳然とあった上でのヒトラーやゲッペルスらの言動を見るべきで、表面的な戦争ドキュメントや人間ドラマと見てしまっては、価値も半減してしまう……とは言っても、当事者たるドイツ国民以外の、ホロコーストに縁遠い人たちが、この映画を作中の物語だけで受け止めてしまうのは致し方ないことです。世界に向けての表現としては、やっぱり失敗なのかなあ。

ゲッペルスの妻マグダに対する感情移入も、個人的にはよくわからないところです。女優さんの演技は凄いのですが、マグダの行動自体に違和感があって、あとでものすごくひっかかりました。
あれを日本的な一家心中と同一視しても良いものかどうか。
ヒトラー信奉者だった彼女が、第三帝国崩壊に絶望して子どもを道連れに自殺すると、まあ、お話はそういうことなのですが、主義の人にしては、マグダの葛藤はすさまじい。西洋には親子心中的発想は少ないとも聞きますし、子どもたちまで巻き込む必要は無かったのではないか。賢婦人で鳴らした彼女が、事前に疎開させるなどの手を打たなかったのはなぜだろうかと。

思うに、終始政権の中枢に近いところにいた彼女は、自分たちが何をやっているか、完全にわかっていたのではないでしょうか。第三帝国の裏側も、自分たちの「理想の家庭」がユダヤ人の犠牲を基盤に成立していることも。そして、帝国が崩壊すれば、ナチスの宣伝塔として名前も顔も知れわたっている自分たち一家に、どんな未来が待ち受けているかも、正確に予測していた。自分たちの死後、残された子供たちを恐ろしい運命に直面させるほどの残酷は無いと考えたのでしょう。
少し前にムッソリーニが処刑されていますね。この情報が彼らに届いていたとしたら、ムッソリーニの末路も、彼女にこのような決断をさせた理由の一つだったかもしれません。
スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< 在庫整理ホーム全記事一覧四面楚歌 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/151-e3820fb5

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。