常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ひどく疲れる悪夢

2005/09/01(木) 14:52:51



28日後...特別編(cinema)
監督 ダニー・ボイル
キリアン・マーフィ,ナオミ・ハリス,
クリストファー・エクルストン,ミーガン・バーンズ
2003年 アメリカ


病院の一室で昏睡から目覚めた青年。
あたりに人影は無く、物音もしない。
彼が眠っている間に、街は無人状態になっていた。
何が起こったのか。
みんな、どこへ行ってしまったのだろう。

拾った新聞には、悪性のウイルスが蔓延し、市民は国から脱出したと書かれている。別の新聞には、外国でも感染者が現れたとの記事も。

ウイルスはどうなったのだろう。
残った人は皆死んでしまったのか?


掴みがすごくいいんですね。
目が覚めたら、人っ子一人いない無人の都市。
世界中に生きているのは自分独り?
夢だけど、同じようなワンシーンが「バニラ・スカイ」にもありました。
繁華な大都市での、唐突な孤独と静寂。
居ながらにしてのトリップ感が強烈です。


というわけで、予告で見た冒頭に釣られて借りたわけですが、評判からある程度予想してはいたものの、完全に失敗でした。

それと、これは予想だにしなかったのですが、冒頭、なんと主人公が無修正ヌードで登場したので、「うそ。まさかだろ」と呆然となって、肝心のトリップシーンをよく味わえなかったのが悔やまれます(こういうのは、初見で「アッ」と思うところがいいので、二度見てもつまらんし)。
まあ裸のほうは別に、眼福というようなシロモノでもなかったのでアレですが、普通少しはぼかすよな。イヤ、暈かしといてくださいよ。
まさか、これがDVDの特典映像とかじゃないよね(笑)。
というか、どうせならもっと値打ちのある無修正が見たかった(たとえばあの人とかこの人とか)……とかなんとか考えているうちに、ゾンビが出てきてしまいました。

ウイルスに感染すると、理性を失って凶暴化するという設定です。
そうです。「バイオハザード・アウトドア編」です。
「無人の都市」でスタートした割にゾンビの密度は高く、次々に襲いかかってきますが、主人公は弱っちいくせになかなか死にません。
猛烈に暗い終末世界を背景に、ゲームもどきの戦闘シーンが展開。
これって、なんかデジャブ…。
そうだ、「サラマンダー」だ。あれはサラマンダーがけっこう格好よかったので、ストーリーがマックラでもどうにか最後まで飽きませんでしたが、ゾンビは私の趣味ではありません。
凶暴化しているとはいえ、人間同士の殺し合いも、抵抗がありますし。

ラストは二通り収録してありました。
よかった。これがDVD特典でした。最初見たほうがDVD用のわりとハッピーなエンディング。
劇場公開版は暗いオチだったのですね。でも、ストーリーの完成度から言えば、(まあ全体に好きな映画ではないので八割がたどうでもいい気分ですが)どっちかといえば、劇場版のほうが良かったのではないかと思います。
あれだと、全編が主人公の臨死体験だったという含みにもとれますから、少しは工夫がありますね。


スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< 私を見て。ホーム全記事一覧おじいさんの秘密 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/138-62a85774

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。