常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

レトロな近未来

2005/08/28(日) 16:09:32

宇宙戦争(cinema)
監督 スティーブン・スピルバーグ
トム・クルーズ ダコタ・ファニング ティム・ロビンス
2005年 アメリカ 


別れた妻との間の子どもたちを一時的に預かるはめになって、憂鬱なレイ。
家庭をかえりみないダメ親だったレイに、子どもたちはさっぱりなつこうとしない。誰にとっても不愉快なギクシャクした生活が始まろうとしていたその時、磁気嵐に乗って宇宙人が襲来した。


子供心にも印象的だった表紙のアレが、三次元で動いている、というのは、やっぱり感動的。マシンもかっこよかった。「サラマンダー」と違っていっぱい出てきますしね。まあ、だからそれなりに満足感はあるんですが、お話のほうはどうしようもありません。
リメイクならリメイクに徹して、換骨奪胎するくらいの度胸が必要だったと思います。一世紀も前の小説だよ。当時から見たら、今のこの世が既にSFワールドですよ。今さら中途半端に原作にこだわってもしょうがない。

というわけで、SFではなく、スティーブン・キングないしはクーンツ的なファンタジックホラーと考えたほうがいいと思います。理不尽で強大な敵から逃げ回るという、ただそれだけ。
人間ドラマは、取って付けたって感じで、まったくこなれていないし、オチもついたようでついていません。

大体だなあ、なんでトムがふつーのオヤジなんかやってるわけ?
ムダにかっこいいんですよ。ちっともかっこいい役じゃないのに。この役、ティム・ロビンスがやったほうが、ずっとリアルだったと思う。

子役もちっともかわいくない。ダコタさんは演技力で有名な子ですが、この設定なら、イっちゃった感じの凝った演技より、ただの頼りなげで愛くるしい少女のほうが、観客の感情移入は楽だったでしょう。ティーンエイジャーの息子はホントむかつく。こんなことなら、最初から勝手にさせておけば良かった。

とにかく絵の迫力が売りなので、劇場で見ればそれなりに値打ちがあるけど、DVDで見たら腹が立つだろうな。

スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< バカにつける薬ホーム全記事一覧邯鄲の枕返し >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/133-5e123771

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。