常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

殺したいほど、愛してる

2005/08/05(金) 12:50:04




サロメ(cinema)
監督 カルロス・サウラ
アイーダ・ゴメス ペレ・アルキリュエ
2002年 スペイン


舞踊劇「サロメ」を、制作過程から追った、ドキュメンタリー風の作品。
ダンサーたち、振り付け、衣装、舞台美術、演技指導……、さあ、いったいどんなものが出来上がるのだろう、と、観客の期待がもりあがったところで、「総稽古」として、舞台の全容が明らかになります。

お話は有名な「サロメ」そのままですが、すべてがダンサーの動きで表現される無言劇です。スペイン・バレエのフラメンコふうの動きと音楽が、原作の暗い異国情緒としっくり溶け合って、血の臭いさえただようような、なまなましさ。

ヘロデ王に求められたサロメは、運命にあらがって、愛する預言者ヨハネを捨て身で誘惑し、拒絶され、八方ふさがりになって、狂ってしまう。
その物狂いの踊りが、最大のクライマックス。

日本でいえば、安珍清姫ですね。拒絶された女のすさまじい怒りと恨み。
欲をいえば、最後の「首」の場面が、もう一息だったかなあ。
舞台表現としては、こういうのがいちばん難しそうですね。
スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< ピアノマンその後ホーム全記事一覧iTunesストア・ジャパン >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/131-8ee193ac

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。