常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

もうちょっと何とかならんのか

2005/07/12(火) 23:19:41


パニッシャー (cinema)
監督 ジョナサン・ヘンズリー
ジョン・トラボルタ 、ウィル・パットン 、
ロイ・シャイダー 、レベッカ・ローミン=ステイモス
2004年 アメリカ 
腕利きのFBI捜査官が、マフィアのボスに逆恨みされ、家族を惨殺される。
九死に一生を得た彼は復讐を誓い、とあるボロアパートにこもって、綿密な計画を練り、強大な組織に、たった一人で戦いをいどむのだったが。

「マッドマックス」ですかね。
いろいろと段取りが細かいわりに、あんまり役に立たないところが笑えます。
てんぷら油が最強かも(笑)。
ザコキャラからボスキャラまで、順序良く配置してあります。お約束のストーリーです。いくらなんでも、少しは特徴を出してもらいたかったと思います。
特にトラボルタ! ラスボスのくせに弱いです。個性もイマイチ。ふつうすぎます。最後くらいは何かやってくれるんじゃないかと期待してたのに。

クソゲーか、漫画と思って観れば、それなりに楽しいかもしれません。


スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0
<< 世界史ひとっとびホーム全記事一覧さむらい >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/128-6099f333

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。