常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おいしい本

2004/10/22(金) 19:42:13



吉兆味ばなし (1)(book)
湯木 貞一著 暮しの手帖社 1982年 

食欲の秋ということで、本好きpeopleさんのTB企画に参加させていただきます。

これは、大阪のお料理屋さん「吉兆」の御主人だった湯木貞一氏からの聞き書きをまとめたもの。その後続編が何冊も出ています。
編者は、「暮しの手帖」の花森安治氏です。

内容はすべて料理の話ですが、いわゆるレシピ本ではなく、季節季節に思いついたことを話題にした随想形式。
京風のやわらかで古風な語り口が、野菜や魚をほんとうに美味しそうに料理してゆきます。

湯木さんはプロ中のプロですから、料理に関しては、それこそ素人がちょっとやそっとじゃ真似のできないような秘技・奥義を数々お持ちだったのでしょうが、この本の中では、花森氏の希望に応じて、ふつうの家庭でも手に入る材料と、一般的な調理具をもちいた、ごくごく平易な献立を紹介なさっています。

焼魚、豆腐、卵焼き、てんぷら……誰でも知っている料理が、ほんのひと手間で、魔法みたいにおいしくなったり、ただ焼くだけのシンプルな調理なのに、素材の味がぐんと引き立ったり。
ちょっとした残り物のおいしい利用法も紹介されています。

料理をする人にはやる気の出る本、しない人にとっても、食欲の無いときに開くと、たちまちお腹の空いてくる本です。

私は、ほとほと献立に困ったときに、よく助けてもらいます。
スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< プライドの怪物ホーム全記事一覧なぜ殺してはならないのか >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/113-34e9cee9

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。