常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

コックピットの謎

2004/09/18(土) 00:02:12

ファイナル・アプローチ (上)(book)
ファイナル・アプローチ (下)(book)
ジョン・J. ナンス著 池 央耿訳 
早川書房(ハヤカワ文庫) 1995年


もともとパイロットでもあり、航空問題専門家でもある著者の経験と知識を遺憾なく発揮した、息もつかせぬ航空サスペンス。あまりにリアルなので、飛行機に乗るのが怖くなりそうです。

嵐の空港で起きた、未曾有の大事故。そのまわりに、あたかも事故機の破片のごとく、ばらばらの出来事や、人間関係が散らばっていて、お話はなかなか事件の本質にたどりつきません。上巻が終わる頃、ようやくすべての要素が有機的に結びつき、複雑なミステリーが姿を現します。



敵/味方、真実/嘘の区別もはっきりしないなかで、主人公の事故調査官は、各種の妨害をはねのけつつ、原因解明のため奔走します。

主人公をはじめ、関係者たちの誠実な行動が胸を打ちます。
ドキドキハラハラ度も満点ですが、一方で、不況にあえぐ航空業界の問題点を鋭く指摘した、まじめな意欲作でもあります。
これでかつての「大空港」(ヘイリー)のような大ベストセラーにならないのは、事故シーンがあまりに酸鼻だからでしょうか。まあ、たしかにかなり凄い描写もありますが、作者の目はあくまで冷静で、安いホラーなどにありがちな、えぐい感じはなかったと思います。

スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0
<< iTunesを使ってみる その2ホーム全記事一覧空想対現実 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://segrokamome1.blog27.fc2.com/tb.php/108-75964cc6

Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。