常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

強く生きるために

2005/10/29(土) 21:31:03

悲しみの子どもたち―罪と病を背負って
岡田 尊司
集英社 (2005/05)
売り上げランキング: 7,863

著者は研究のかたわら、医療少年院の精神科医として臨床にあたり、さらに小説も物する(筆名:小笠原慧)という、多才な人です。
本書は、精神的に不安定なだけでなく、薬物使用や犯罪など、実際に問題を起こしてしまった少年たちの治療経験をもとに書かれたもので、症例とその分析が中心です。「少年A」あたりのライターの感想文と違って、説得力があります。

登場するのは病的に弱い子どもたちの話なので、一般的な子育てに直接には通じない点もありますが、弱い子どもは、社会におけるカナリヤのようなもの。彼らが起こすさまざまな障害は、今の子どもたちが成育する上での問題点をあぶりだします。

それに対する処方箋が、最後の第六章~第七章。おもしろいことに、この本の著者の主張は、ちょうど「お母さんはしつけをしないで」とほぼ正反対になっています。

幼児~子ども時代には規則正しい生活を習慣づけ、社会のルールをきちんと学ばせる(その中には学習習慣の獲得と基礎学力の充実も、自立した人生のための必要事項として含まれています)。
また、過剰に干渉せず、多少の不自由や困難には自力で対処させ、精神的な抵抗力を養うべきだとの意見は、非常に納得できるものがあります。

子どもが転ばないよう泣かないよう、四六時中先回りするのではなく、少々の失敗は覚悟の上で、その子なりの生き方をその子なりのペースで獲得するさまを、一歩はなれて見守ることが大切。
心しておきたいと思います。

スポンサーサイト
読んだ本TB:0CM:0

結婚したくない男

2005/10/27(木) 21:14:14

ウェディング・プランナー
ポニーキャニオン (2005/03/02)
売り上げランキング: 20,308

監督 アダム・シャンクマン
ジェニファー・ロペス 、マシュー・マコノヒー 、
ブリジット・ウィルソン
2001年アメリカ

ウエディング・プランナーとして、キャリア形成に燃えるヒロインが、ある日偶然出会ったイケメン医師。思わずときめいちゃった彼女だが、彼はなんと次の仕事のクライアントだったという超ありがちなラブコメ。


ちょっと待て。誰がマシュー・マコノヒーだ。
うそー。このヘナチョコが?!

好きな俳優というわけではないので、どうでもいいけど、「サラマンダー」のムキムキ軍人ですよね。
化ければ化けるもんだ。どっちが化けたほうだ?

ひどいお話です。
最低です。
マコノヒー演じる花婿さんは、最初からチャランポランで、無礼者で、どうしようもない男と思いましたが、そればかりか、肝心なところを女に決めさせるなんて。

こんな卑怯者の、どこがいいんだ?!
ハンサムだから? 医者だから?
絶対に間違ってるぞ!!!

ところで、ジェニファー・ロペスは、実生活では次々と男を捨ててるのに、なんでスクリーンに出るときは、振られ役ばかりなのでしょうか。
“あの(鼻っ柱の強い)J.LOが、しおらしいところを!!”というのが見どころなんでしょうか。

今度の結婚は、是非続けてほしいものです。
ていうか、捨てないでね、マークのこと。


見た映画(DVD)TB:0CM:0

しつけはむずかしい

2005/10/27(木) 20:57:16

お母さんはしつけをしないで
長谷川 博一
草思社 (2005/05)
売り上げランキング: 2,973


こまっちゃうんですよね、こういう本が出ると。
必ず真に受ける人がいるから。

この本で著者が言っているのは、「高圧的な完璧主義で子どもを支配するのはやめろ」ということで、野放しにするという意味ではありません。面倒なしつけの義務から解放されるなんて早とちりしないで、ちゃんと読んでね。
そんな育ち方をしたら、しつけの後遺症とやらの前に、問題山積になっちゃいますよ。

昔、「ダメと言わない子育て」というのがもてはやされたことがありました。やたらに禁止すると、子どもが萎縮するんだそうです。
これをそのまんま実践しちゃったお母さんがいて、そこんちの子は、そりゃあもう、何でもアリでした。食卓の上は歩き回るわ、障子は破くわ、鉢植えは引っこ抜くわ、勝手に冷蔵庫は漁るわ。

自分ちでやるのは、御家庭の方針ですから、どうぞご自由にやっていただいて構わないのですが、よその家に来てもこの通り。幼稚園児に自分ちと他人の家との区別がつくはずはないので、当然です。
で、お母さんは息子の狼藉を見ながら平然と

うちの子はのびのび育てているの

とのたまうので、何をかいわんやです。こういうのは、のびのびとは違います。はっきり言って、迷惑です。ほっといたら、家に呼んでくれるお友達がなくなっちゃいますよ。
でも、お母さんの目の前で子どもに注意すると、「ダメばかり言っていると子どもが歪んでしまうのよ」かなんか逆に説教しだして面倒なので、お母さんの見ていない陰で、みんなでビシバシしつけていました。あの子がまともな少年に育ったら、それはまわりのお母さんたちのお陰ですよ。"ダメと言わない育児"の賜物なんかじゃないから。

とまあ、そういうわけで、私とてしつけに関して偉そうなことを言えた義理ではありませんが、社会生活のルールを知らないまま育って、苦労するのは子どもです。最低限のことは教えましょう。
普通の子どもは一度言っただけではわかりません。すぐ忘れます。怒ってもムダです。小さい子どもは頭が悪いのです。それをよ~く呑み込んだ上で、繰り返し、根気良く取り組んでください。



読んだ本TB:0CM:2

全米が泣いた

2005/10/22(土) 23:52:52

もてない男―恋愛論を超えて
小谷野 敦
筑摩書房 (1999/01)
売り上げランキング: 8,644

帰ってきたもてない男 女性嫌悪を超えて
小谷野 敦
筑摩書房 (2005/07/06)
売り上げランキング: 1,160


女にもてない著者が、古今東西の例を引きつつ、自己分析をする本です。

う~ん、痛いですね。
宗教的な戒律を守っている場合を除き、男が中年で独身、童貞とくると、痛いとしか言いようがないのはどうしてなんでしょうか。






この記事の続きを読む…
読んだ本TB:0CM:0

腹心の友

2005/10/21(金) 18:43:20

笑うカイチュウ―寄生虫博士奮闘記
藤田 紘一郎
講談社 (1999/03)
売り上げランキング: 7,914


某誌で読んだ藤田先生の随筆が面白かったので読んでみたのですが、一冊丸ごと寄生虫話というのは、やっぱりキツイですね。
食前食後は、避けたほうがよろしいかと。

一旦はほぼ根絶した寄生虫問題も、生活習慣の変化によって、様変わりしているようです。
基本的には共生関係なので、過度に神経質になることはないのでしょうが、油断は禁物。
妙なものを触ったり、食べたりしないことですね。


読んだ本TB:0CM:0

誰のための真実

2005/10/09(日) 17:27:15

NARC スペシャル・コレクターズ・エディション

NARC (cinema)
監督 ジョー・カーナハン
ジェイソン・パトリック, レイ・リオッタ, バスタ・ライムス
2002年 アメリカ

任務遂行中の事故の責任を問われた麻薬捜査官(NARC)のテリスは、未解決の捜査官殺人事件を担当することを条件に、現場復帰を許されることになった。
相棒は、ベテラン捜査官のヘンリ。彼は殺されたカルベス刑事と親しくコンビを組んだ間柄で、事件の第一発見者でもあり、捜査には打ってつけの人物だが、その彼をもってしても、捜査は一向に進展していない。
カルベスは事件当時、単独で潜入捜査中だったため、その行動を詳しく知るものがいないのだ。
自らも潜入捜査の経験のあるテリスは、孤独な任務の途上で命を落としたカルベスと残された妻子に深く同情し、事件を一から洗いなおし始めた。
やがて、捜査線上にいくつかの名前が上がり、カルベスの足取りが徐々に掴めてくるのだが…。



なんとなくいつまでたってもギクシャクしているテリスとヘンリ。人情家なのか、粗暴なのか、協力的なのか素っ気ないのか、テリスにはヘンリがよくわからない。この辺の、ラストにつながっていく心理のあやが非常にうまく出ていて、見ていてジリジリします。

この役のために体重を増やしたという、ヘンリ役のレイ・リオッタは、「ホントにこれが?!」と思うほど意外なイメージで登場します。
役どころも、一見地味な助演。どうもピンと来ないなあ、これってわざわざ引き受けるほどの役だったのか?などと、途中までは首をひねりたくなりますが、まあ最後までごらんあれ、あっと驚く結末が待っています。

「そうだったのかあ…」

見終わって初めて、レイ・リオッタの複雑な名演が腑に落ちる仕掛けです。

映像も話も、とっても暗くて、前半は少々つらいですが、ミステリとしても人間ドラマとしても、意外にしっかりしたつくりの作品です。
キーワードは親子。冒頭のあれこれは、本筋と直接関係なくて、くどいように見えますが、ちゃんと狙いがあってのものですので、くれぐれもお見逃しなく。
役者陣も実力派。おすすめです。


エンディングタイトルの向こうで、テリスはどう決断したのか。
終わってからも興味は尽きません。



見た映画(DVD)TB:0CM:0

ダース・ベイダーが一日駅長

2005/10/09(日) 17:15:22

とのことですが。

昔、2号の友人が、ダースベイダーの扮装で電車に乗り、
車内の幼児を脅して泣かす事件がありましたが、

大丈夫ですかね。
なみま雑記TB:0CM:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。