常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

12 | 2005/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

iPodを使う(3)

2005/01/16(日) 16:11:43

iPodに入れるファイルは、先輩yeppとの併用をにらんで、これまで通りmp3で統一しています。ただ、容量に思い切りゆとりができたので、128kbpsだったのをすべて192にグレードアップしました。
贅沢になったもんですほんとに。Rioの内蔵64MB+32MBをチマチマ使っていた頃は、128だってもったいなかった。

当初はもっぱら使い慣れたiTunesでエンコードしてました。iPodとの連携はバッチリですし、ほぼ直感的に使えるので、お手軽便利。 ファイルのストック場所さえ分かっていれば、別のプレーヤーに入れるのも簡単です。

しばらく(購入後3日ほど)それで満足していました。ところが、2号の野郎が「iTunesで変換かよ、ダッセーなー」とぬかしやがった。奴に言わせるとiTunesのエンコード性能はあんまり良くないんだそうで、自分はいろいろややこしいソフトを組み合わせて使ってるんだと得意げに吹聴します。

いいもん、こっちのほうが簡単なんだもん、シロートだもん、おばちゃんだも~ん!! と、無視を決め込もうとしましたが、やっぱり言われちゃうと気になる。 ソフトに凝りだすとキリがないし、前機ビブロはあれこれ出し入れしているうちに不安定になることがしばしばだったので、できればやりたくないがしかし! 

結局フリーソフトをいろいろ漁った結果、CDex(日本語パッチ入り)をLameに設定ってことで落ち着きました。今のところパソにもiPodにも不具合は出ていません。なかなか親切なソフトで使い勝手は悪くないけど、これで変換したのをiTunesに登録するという二度手間になってしまったな。
音の違いについては正直あんまりわかりません。ちょっとハッキリするかなあ?


それよりなにより、急務はサウンドチェックです。シャッフルしてると曲ごとの音量差がものすごく気になります。まあ聴きながら調節すればいいのですが、いちいち厄介だし、録音の古いCDは音量レベルがすごく低かったりするので、それに合わせて音量上げると、直後にハードロックなんかが来た日にゃ死にます。かといって、iPodのサウンドチェックをオンにすると、音量は揃っても音質劣化がはなはだしい(ばりばりに割れます)ので、絶対やりたくない。

そこでお助けソフトMP3Gain(フリー)を導入しました。CDexで変換後、MP3Gainで分析し、音量を揃え、こいつをiTunesに登録する……
やれやれ、三度手間になっちまった。まあいいか。とりあえずはこれで大いに満足しております。

フリーソフトおよび日本語パッチ作者の皆様、毎度どうもありがとうございます。多謝。

次なる課題は、「I氏の壷」導入です。

スポンサーサイト
なみま雑記TB:0CM:0

iPodを使う(2)

2005/01/16(日) 15:40:29

iPodをこれだけ使うとなると、使用環境をととのえたくなってきます。

iPod使いはアクセサリに大枚はたいてバカみたいという批判があるけど、使ってるうちになんとなくそういう気分になるんだってば。

外出時のヘッドホンはアップル純正の耳栓型 (ただしキャップがぶよぶよして耳に合わないので、ソニー製の交換用キャップと付け替えて使用。カナルのくせに少々音漏れするようにはなりますが、付け心地は快適です)。
音漏れに気を遣わないでよい場合は、オーディオテクニカのATH-EM7を使っています。耳かけ式ですが軽い。

そのほか、iPodを仕事中のBGMに使うためのポータブルスピーカーが欲しくなり、新たにアルテックランシングのiM3を購入しました。デザイン(と値段)は、先代のinMotionのほうが好きだったのですが、やはりリモコンは欲しいのでこちらに。
これがなかなかのすぐれもので、パソコンにつなげばドックがわりになるし、乾電池(単3×4)でも動くけど、AV電源につないでいるときはiPodに充電もできます。ソケットが数種類付属しているので、海外でもOK。畳めばハードカバーの本と同じくらいのサイズ、使用時は大体幅20cm奥行11cm高さ12cm、キッチンなどのちょっとしたスペースに置けます。
肝心の音ですが、BoseのSoundDockがいいらしいので、その点では少し迷いました。値段とデザインでiM3をとったわけですが、音に関しても、聞き比べたわけじゃないから何とも言えないけど、まあ個人的にはこれで充分満足です。使い始めはバラバラな感じだった高音も、サッパリ鳴らない低音も、エージングが済んだ段階では、クリアによく響くようになりました。
欲を言えば、ラウド系にはいささか物足りないかな。しかし、そもそもiPod自体がラウドは得意じゃないらしいので、その割には、iM3は善戦してるんじゃないでしょうか。
なみま雑記TB:0CM:0

iPodを使う(1)

2005/01/16(日) 15:30:29

さて、山ほど仕事をしてるおかげで資金は潤沢です。
懸案のiPod購入に踏み切りました。某大先生(故人)の著作集のお手伝い分で買いました。先生は音楽がたいへんお好きな方でしたので、とてもふさわしい買い物だったかなと……まあこれはムダ遣いの言い訳なんですが。

iTunesの試用により4G5Gでは到底足りないことがわかっていたので、大きさとデザインは残念でしたが、miniはあきらめて20Gです。40Gも考えたけど、実際に店でさわってみると、20と40では重さも厚さもけっこう違う。現状では20あれば充分、ポータブルなら小型で軽いに越したことはなし、というわけで、20に決めました。

で、実際に使ってみての感想ですが、
これは想像していた以上にたのしいオモチャです、ホントに。

RioにしろMDにしろ、これまで持っていたポータブルプレイヤーは、外出時に持って出て、移動中に使うだけでしたが、iPodに関しては、移動中だろうが家の中だろうが、いつでもどこでも使いたくなります。よほど音質にこだわる場合を除き、ちょっと聞きたいくらいなら、これほど便利で手軽なオーディオ機器はありません。電源入れて、くるくるポンと。

CDを引っ張り出す手間も、MDを探す手間も、パソコン立ち上げてファイルをプレイヤーに移動する手間もいらない。在宅時でも、アンプだのデッキだのをいちいちセットするのがすっかり億劫になって、もうiPodばかりです。家事の間もエプロンのポッケに入ってます。

なみま雑記TB:0CM:0

一時的に再開

2005/01/16(日) 15:06:28

ばたばたと仕事が重なってしまい、あまりの忙しさに長期放置してしまいました。この年齢で睡眠3時間×2ヶ月超はキツイ。
マジで体がどうにかなるんじゃないか、「主婦、内職で過労死」なんてシャレにもならない。年末に暗い話題を提供してしまう~~ 
フラフラしながら最小限の家事以外はひたすら机に向かっておりましたが、なんとか生還しました。

秋にがんばったおかげか、例年になく年越しの予定が入らない! やった。
これまでの反動が一気に出て、今度は最小限の家事以外、忘年会だなんだと遊び歩…もとい、疎遠になっていた人間関係の修復にいそしんでいたところ、暮もおしつまったところで、済んだはずの仕事に「追加出ましたんで、オネガイしますね」「……」

結局ずるずると仕事をしながら大掃除をしながらおせちをつくりながら年が明け、三が日済むか済まないうちから、だらだらと仕事始め。まあ毎年のことであります。思えば最初の就職以来、いつもこんな年越しだなあ。
嫌いだこの業界。と言ってみたところで他に転業するほどの能もやる気も無いのだった。

これから期末進行のお仕事です。次暇になるのは三月ごろかなあ。
なみま雑記TB:0CM:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。