常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

09 | 2004/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

プライドの怪物

2004/10/23(土) 22:45:21



ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(cinema)
監督 アラン・パーカー
ケビン・スペイシー 、ケイト・ウィンスレット 、
ローラ・リニー
2003年 アメリカ
死刑の確定した囚人デビッド・ゲイルから、執行直前のインタビューに逆指名された雑誌記者のビッツィーは、なぜ自分を? といぶかりながら刑務所に赴く。

彼女の前に現れたゲイルは、暴行殺人犯らしからぬ穏やかで知的な雰囲気の男だった。彼は淡々と逮捕までのいきさつを語り、これは冤罪だとを訴える。
哲学者、死刑反対運動のリーダー、若くして教授の地位を得た才能あふれる男が、よき友人であった元同僚を相手に、衝動的なレイプ殺人を犯すことなんてあるのだろうか? 
ビッツィーが判決に疑念を持ち始めたとき、何者かが彼女の宿泊するモーテルの部屋に侵入し、犯行現場を映したビデオテープを残していった。

ゲイル以外の人間が犯行に関与していたのだ! 彼女はすぐさま刑の執行停止を要求するが、根拠が薄弱であることを理由にはねつけられてしまう。
もう時間がない。
死刑執行まであと一日、自らの推理をもとに、彼女は冤罪を立証しようと奔走する。

「ああ、グリシャムの 『処刑室』 みたいな話か」 と思いましたが……

残念。ぜんぜん違いました。


それなりに見る価値はあります。
なかなか手の込んだ脚本で、ミステリとしてはよく出来ているのではないでしょうか。製作にニコラス・ケイジもかんでいるようですね。

役者のみなさんの健闘が光っています。
このところお気に入りのウィンスレットはきっぷのいいおねえちゃん役(地なの?)。
ゲイル役のケビン・スペイシーは、「ユージュアル・サスペクツ」 以来の技術的に難しい演技をこなしました。
彼のうまさがあだになって、ラストの意外性が半減してしまったくらいです。


しかし、内容的には主人公ゲイルにまったく共感できず、不快感の残る映画でした。
ケイト・ウィンスレット、アンタ泣いてないで怒らなくちゃ。

というわけで、あとはネタバレ感想。







この記事の続きを読む…
スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0

おいしい本

2004/10/22(金) 19:42:13



吉兆味ばなし (1)(book)
湯木 貞一著 暮しの手帖社 1982年 

食欲の秋ということで、本好きpeopleさんのTB企画に参加させていただきます。

これは、大阪のお料理屋さん「吉兆」の御主人だった湯木貞一氏からの聞き書きをまとめたもの。その後続編が何冊も出ています。
編者は、「暮しの手帖」の花森安治氏です。

内容はすべて料理の話ですが、いわゆるレシピ本ではなく、季節季節に思いついたことを話題にした随想形式。
京風のやわらかで古風な語り口が、野菜や魚をほんとうに美味しそうに料理してゆきます。

湯木さんはプロ中のプロですから、料理に関しては、それこそ素人がちょっとやそっとじゃ真似のできないような秘技・奥義を数々お持ちだったのでしょうが、この本の中では、花森氏の希望に応じて、ふつうの家庭でも手に入る材料と、一般的な調理具をもちいた、ごくごく平易な献立を紹介なさっています。

焼魚、豆腐、卵焼き、てんぷら……誰でも知っている料理が、ほんのひと手間で、魔法みたいにおいしくなったり、ただ焼くだけのシンプルな調理なのに、素材の味がぐんと引き立ったり。
ちょっとした残り物のおいしい利用法も紹介されています。

料理をする人にはやる気の出る本、しない人にとっても、食欲の無いときに開くと、たちまちお腹の空いてくる本です。

私は、ほとほと献立に困ったときに、よく助けてもらいます。
読んだ本TB:0CM:0

なぜ殺してはならないのか

2004/10/21(木) 21:36:19



見知らぬ乗客(book)
パトリシア・ハイスミス著(1950年) 青田 勝訳
角川書店(角川文庫) 1972年
売り出し中の建築家ガイは、郷里に向かう列車の中で、ブルーノーと名乗る若い男と知り合います。
初対面のくせに、妙に馴れ馴れしく押し付けがましい相手の態度に閉口するガイですが、振り払ってもつきまとってくるブルーノーに問われるまま、別居中の妻と正式に離婚したいこと、わがままで体裁屋の妻は、愛人の子どもまで身ごもっているくせに、なかなか離婚に応じないので困っていることなどを話してしまいます。
すると、ブルーノーはガイの身の上に異常なくらい共感を示し、唐突に交換殺人を持ちかけてきます。
自分にはけちで傲慢で人でなしの、殺されても当然の父親がいる。自分が性悪のミリアムを、ガイがブルーノーの父を殺せば、列車で偶然乗り合わせただけの二人が示し合わせたなんて誰も気付かないだろう。


変な男の悪趣味な与太話に気分を害し、聞き流したつもりのガイでしたが、ブルーノーは一方的に殺人を決行。さらに、ストーカーと化してガイに契約の履行を迫ります。
ガイは、ミリアムという障害を取り除いて以来、仕事でもプライベートでも大成功をおさめています。そのうしろめたさから、ブルーノーを無下にはねつけられず、殺す相手がどんな人物かもわからないまま殺人計画を承諾させられてしまう。



異常者のブルーノーが金持ちのボンボン、対する常識人のガイがつましい生活者。冒頭の対照的な人物像が、やがて交錯してゆきます。


あとはネタバレ感想です。

この記事の続きを読む…
読んだ本TB:0CM:0

人、神に遇う

2004/10/20(水) 07:21:37



神秘の人びと(book)
古井由吉著 岩波書店 1996年
ヨーロッパで編まれた中世神秘体験集独語訳を読みながらの随想。
キリスト教(カトリック)、ドイツ文学またはドイツ語、ヨーロッパ中世史のいずれかに素養ないしは強い関心がないと少々つらい内容/レベルです。つらかったです。

一語一語の意味を吟味し、日本語に移せばあれかこれか……、想像の翼をはばたかせ、ともすればあちらへ飛び、こちらへ戻り、著者自身が笑うように、ほんとうに書物の世界に行き暮れてといったありさまです。何かを一心に読むという行為を逐一書き連ねたら、こんなことになるのだろうなと思いました。文字通りの随筆。




この記事の続きを読む…
読んだ本TB:0CM:0

原風景

2004/10/19(火) 20:42:35



輝く草地(英国短篇小説の愉しみ (3) )(book)
アンナ・カヴァン他著 西崎 憲編 
筑摩書房 1999年
楽しかったこのシリーズも、とうとう最後の巻になってしまいました。
まだまだ未発掘のおもしろい短篇小説がありそうですね。
将来、再び編まれることを期待しつつ。




この記事の続きを読む…
読んだ本TB:0CM:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。