常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

生かす金、殺す金

2006/06/08(木) 19:45:20

村上ファンドがつまらないことになって、本当にがっかりさせてくれますね。上手の手から水が漏る、ということならまだしも、もし確信犯なら投資家の風上にもおけないぞ。

「だいたい、この人頭悪いよな。こういうときは、しょんぼりして見せればみんな満足するのにさ。この期に及んで偉そうに物を言うから叩かれるし、痛くも無い腹をさぐられたりするんだよ」
いや、2号ごときに頭悪いとか言われたくないでしょうが、やっぱりどこか苦労知らずで甘いところがあるようにも思います。世の中なめてるというか。一般大衆にもっとも嫌われるタイプですね。

しかし、だからといって、近所の奥様がたのように「株式投資って、ほんとロクでもないわよね! まともな人間のすることじゃないわよ。株に投資する人の気がしれないわっ」と極めつけるのもちょっとどうでしょうか。 投資家がいなくなったら、みなさんのダンナの勤め先(東証一部上場)、なくなっちゃいますよ? 


ナニワ金融道 1

青木 雄二著
講談社 (1999.3)
通常2-3日以内に発送します。



連載当時、ひそかに“銀行員のバイブル”とうたわれた名著。今は遠い昔の話となったバブル期を背景に、街金の新入社員灰原くんの目を通して、金に踊らされる人々の悲喜こもごもの狂態を描いた作品。
これで絵が上手かったら、もっと救いのない雰囲気になっていたのではないかと思われますが、幸か不幸か、どうにも素人くさい画風が、かろうじてコミカルな味を出しています。このあたりの事情が、ちょっと「失踪日記」と似た感じ。

たいへん下品な絵柄ですので、男性向けコミックということを抜きにしても、女性がレジに持って行くには非常に抵抗を感じる商品ですが、一般に言ってこの分野に弱い女性(もちろん例外はあります)にこそお勧めです。
お子様にも、つまんない消費者教育よりよほどためになる読み物ですが、シモネタとか、ちょっとアレなエピソードは、刺激が強すぎるかもなあ。…と言いつつ、手遅れになる前に、と、2号3号には小学校高学年で解禁しました。
「おかあさん、ソープって怖いんだね!」「うむ~(汗)」
ま、世の中清く正しいことばっかりじゃないし、年端もいかないガキに株の売り買いなんか教えるよりは、ず~っとまともじゃないですかね。

まじめな事業主の借金地獄から、先物取引、詐欺、裏金融、マルチなど、ありとあらゆる借金がらみの事件と、巻き込まれた人間の末路が容赦ないリアリズムで描き出されます。ネット詐欺やフィッシングは出てきませんが(まだ無かった)、人間の弱さと、そこにつけこむ悪い奴らの手口は不変。今も充分通用する教訓が満載です。
どうするアイフルの件で浮上したサラ金の“グレーゾーン”についても一筋縄ではいかないという気がするし、デイトレーディングなんか、素人は絶対手を出しちゃいけないと思いますね。ホント危ないですよ。

しかしまあ、それだけなら、「お金って怖いよね」で終わってしまうのですが、このマンガが偉いのは、「金融道」のタイトルが示すとおり、高利貸しとしての街金に疑問を持った灰原くんが、「お金っていったいなんだろう」と考えていくところにあります。他人の不幸に燃料投下、みたいなことしかできないのか。自分の仕事が世の中を幸せにするようなやりかたは無いんだろうか。

そこで彼の行き着く先が、有望なベンチャーへの“投資”です。ベンチャーといっても、街金のことですので、普通の金融機関では到底融資してもらえないようなうさんくさい事業ですが、まあ、ベンチャーなんて最初はどこもそんなもの。能力とやる気のある事業主に資金を提供し、こちらからもアイデアを出したりしながら、会社を育て、持ちつ持たれつで回収していくというやり方です。

きれいごとと言えばきれいごとですが、これが“投資”の基本理念だと思います。あぶく銭をもうけるために、相手をぶったたいて、さかさにして、回収する、そんなことばかりでは、市場そのものが痩せていってしまう。
グリーンメーラーや、インサイダー取引が良くないこととされるのは、ただ単に“ズル”だからというだけでなく、そんなことが横行したら、市場全体がだめになってしまうからでしょう。
村上さんは、「プロ中のプロ」と豪語するなら、当然その点に関して自覚があるものと思っていたのに。ファンマネ全体のイメージを著しく落としてくれましたね。

ずいぶん前になりますが、ヤフー創業当時、“会社を起してがんばっている近所の大学生を応援するつもりで”夫の遺産の一部で株を買った未亡人が、ヤフーの急成長で億万長者になった、という話がありました。亡夫はたしか平凡な勤め人だったはずです。夫が額に汗して作った虎の子の遺産。海のものとも山のものともつかない学生起業家に「いっぱつ当ててもうけるわよ!」と思って出したお金ではなかったでしょう。こういうのが、理想的な投資ですね。

 
スポンサーサイト
読んだマンガTB:0CM:0

人間失格

2005/07/07(木) 17:17:36



失踪日記(comics)
吾妻ひでお著 イースト・プレス 2005年
「今だから笑える」(帯コピー)って、笑えないじゃん!!

漫画家・吾妻ひでおセンセイが、仕事のしすぎでプッツンして、堕ちるところまで堕ちた話。
前半がホームレス編(付 配管工体験)、後半がアル中病棟編の二本立て。
事実があまりにすさまじいので「リアリティをなるべく排除した」とのことですが、なんの、これでも充分とんでもない話です。


この手の自爆もの、小説にはいくらもありますよね。太宰もそうだし、壇一雄の「火宅の人」なんかも、相当ひどい。
ただ、小説はとことんネガティブで、どうしようもありませんが、これは一種のサバイバルストーリーなので、御本人が言うとおり、ギリギリのところでポジティブです。

だから読後感がさわやか……までは行かないか、さすがに。
まあ、大幅に脱力はしますが、うんざりするような暗さはありません。

この作者、「ふたりと五人」の頃から知っていますが、絵はかわいいけど、ギャグはふつう、話にもとりとめがなかった。SFモノは、当時から完全に同人系で、排他的な姿勢と、マニア特有のスノビズムがミエミエだったし。

彼の描いてた、いわゆる萌え系キャラには、今も昔もコアなファンがいるので、そういった作品に人気があっても不思議とは思わないけど、実話モノのほうがよっぽど才能あります。ずっとずっと一般向きです。面白いです。

しかし、漫画家って、ここまで自分を捨てたくなるくらいの職業なのか、というか、そうまでして漫画描く意味があるんでしょうか……。
配管工やってるほうが幸せじゃないのかなあ?
なにしろ奥様が気の毒。同情します。



読んだマンガTB:0CM:0

もう一人の僕

2004/07/18(日) 23:51:49


寄生獣.jpg


寄生獣―完全版(comics)
岩明 均 作(1990年~) 
講談社(アフタヌーンKCDX) 2003年
高校一年生のシンイチ君は、ごく普通の一家の一人っ子。おっとりと優しい専業主婦のお母さん、マスコミ関係で働くお父さんの愛情を一身に受けて育ち、ちょっと晩生で臆病なところはあるけれど、明るく素直な普通の高校生だ。最近気になる女の子が現れた。あっちもけっこう気があるみたいだけど、なんだか恥ずかしくてもう一歩踏み込めないでいる。

こんなありふれた日常生活に、ある夜突然闖入してきたミミズみたいな生き物。
その奇妙な虫はシンイチ君の右腕にもぐりこみ、肘から先をそっくりのっとってしまった!



この記事の続きを読む…
読んだマンガTB:0CM:0

ヘルター・スケルター 

2004/05/29(土) 11:03:50



ヘルタースケルター(comics)
岡崎 京子作・画 祥伝社 2003年

ビートルズの曲名からつけたタイトルだと思いますが、ドタバタ、というほどの意味でしょうか。
主人公の「焦り」、あるいは主人公の周囲の世間一般が、次々に流行と欲望を追いかけて狂奔するさまをいうものと思います。


タレントモデルのりりこには大変な秘密がありました。
彼女、本名「比留駒春子」は、お金も容姿も才能も、普通の女の子が望むものを何一つ持たない少女でしたが、家出して上京、デート嬢で食いつないでいたところ、モデル事務所の女社長に「冴えない肉に埋もれたたぐいまれな骨格」を見込まれて拾われ、人体改造と言った方がよいくらい、徹底的に全身を手術して作られた究極の「整形美人」だったのです。

持って生まれた顔と体を捨て去ると同時に、春子はモデル「りりこ」となり、芸能界に入って世間の夢・希望・欲望に完全に自我をゆだねてしまう。結果、彼女は大成功を収め、「なりたい女No.1」に選ばれるほど、みんなの憧れの体現者となります。完璧な容姿、流行の服、男、金、そしてかっこいい仕事。

しかし、得意の絶頂をきわめようとしながら、りりこは常に強い不安にさいなまれています。彼女の「現在」を支えるのは、彼女自身ではなく、「世間」という不確定なものであることを自覚しているからです。
一方、整形手術と作られたアイドル像という仮面の下に抑圧された本来の肉体と自我が反乱を起こし、彼女は中からも外からも壊れ始める。

男に逃げられ、天然美少女のライバルに追われ、更に彼女の手術とメンテナンスの拠り所である医師には、不正診療の容疑が。付き人の羽田とその恋人奥村は、りりこの底知れぬ「負」の妖しい魅力にからめとられ、運命を共にするかのように堕ちていく。やがて、起こるべくして起こる暴露。
追い詰められたりりこに、起死回生のチャンスは残っているのか?!




この記事の続きを読む…
読んだマンガTB:0CM:0

リバーズ・エッジ

2004/05/27(木) 23:32:50



リバーズ・エッジ (comics)
岡崎京子作・画 宝島社 1994年


桜の木の下ではなくて川っぷちには死体があります。それは、憤りの犠牲になった子猫であり、生まれそこなった赤ん坊であり、届かない想いに殉じた少女の屍でもあります。
彼らの周りには死の気配が満ちていて、未熟さゆえにともすれば踏み迷い、捕らわれそうになりますが、意外にもすぐそばを大きく川が流れている。川はやがて大海に注ぎます。
そこは危険な戦場などではなく、私たちの生きるこの世界です。彼らもやがては川辺の叢から一歩踏み出して流れに身を委ね、広い世の中へと泳ぎ出さなくてはなりません。周囲と全てを共有する子供ではなく、殻に被われ、しっかりした核を持つ一人の人間として。
譲らず、取り込まず、互いの世界を尊重しつつ手を取り合う、大人の社会がそこには展開するはずです。まあ、実際はそんなに理想的なものではなくて、いろいろなことが起こりますが。

ヘルター・スケルター」の美少女モデルこずえちゃんが登場。りりことの対照で異様に老成していた彼女でしたが、ここではある意味普通の高校生らしい一面をのぞかせています。
読んだマンガTB:0CM:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。