常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

お馬さんは?お馬さんは死んでないよね?

2009/01/21(水) 18:04:09

影武者<普及版> [DVD]
影武者<普及版> (cinema)監督:黒澤 明仲代達矢、山崎 努、萩原健一、根津甚八1980年 日本
posted with amazlet at 08.12.21
BS黒澤監督特集にて。あらすじ・批評その他はよそでさんざん目にしたので、確認程度の興味しかありませんでしたが、意外に見ごたえありました。これならばカンヌでパルムドールが取れても不思議じゃないです。

黒澤映画には特に珍しいことではありませんが、なにしろ非常に丁寧に撮っていて、場面場面に絵画的なたくらみがあります。動きを主体とする現代映画一般と違い、個々の画面構成に徹底的にこだわっています。最後の合戦シーンに代表されるような、大きな動きのあるスペクタクルすら端正です。
これは昔々の、たとえばカール・ドライヤー作品のような志向性を、現代のアクション映画に求めたらどうなるかしらという実験だったような気もします。

舞台構成・演出は、劇中にも再々出てくる能にならっています。同じことを過去に「蜘蛛巣城」なんかでさんざんやっているので、まあさすがに演じさせるほうも演じるほうも上手いこと。視線の動きひとつ、咳ひとつで感情表現しなきゃならない職人芸のレベルですから、いくらプロでも俳優の側はさぞかし大変だったでしょうね。
この手の演出を真似たのをいくつか見ましたが、他ではなかなかこうはいきません。
解説によれば、キャスティングに新人抜擢が多かったそうですが、よほどやかましく言われたのでしょうか、ベテラン俳優はもちろんのこと、当時無名の新人もなかなかみごとなものです。武田家臣団のベテラン勢が出来すぎ・おさまりすぎなので、新人のすなおな演技が逆にリアリティをかもしだして、好対照でした。

展開は、起承転結ではなく、能の序破急を踏んでいます。
影武者の選定から、信玄の死を秘す三年間、そして最後にわあっと合戦の場面が拡がって、それがいきなりすとんと終わると、もう全員が退場です。
時間配分も能にそろえてみたのか、かなり冗長なところが目に付き、これが傷といえば傷になっています。能って長いんですよね……特に「急」で、鬼に変身して狂うところとか、天女の舞とか。室町時代的にはたいへんな見せ場なのでしょうが、現代人にはちょっとくどいので、もう少しスピーディに流してもよかったのでは。

ストーリーのほうもいささか凝りすぎの感がないではありません。
影武者を二人設定したがために、視点がぶれて、いずれの影武者の運命についても感動が薄れてしまったのは残念でした。
おそらくこの話は、仲代演じる影武者ではなく、初代影武者であるところの、信玄が弟・信廉の悲劇であり、またそのようにストーリーを作って、仲代影武者を徹底的に客観し、道化役として扱ったほうが、(たとえラストシーンがあの通りであったとしても)より盛り上がったと思われます。二重写しの苦悩を自覚しているのは、無学で粗野な仲代影武者ではなく、山崎努の信廉のほうだからです。

その意味では、仲代さんは目立ちすぎました。でもだからといって、これが当初の予定通りの勝新だったらなおのことダメだったろうと思うのです。どのみち勝新は降りていたんじゃないかな。
本作で大女優二人の個性を徹底的に剥奪した黒澤監督をもってしても、あの存在感を一介の庶民に堕として死なせるのは無理。サイズだけでもでかすぎます。


スポンサーサイト
見た映画(DVD)TB:0CM:0

キャスティング・ボード

2007/09/20(木) 00:06:00

ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 プレミアム・エディション
ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決(cinema)
監督 ゲイリー・フレダージョン・キューザック、
ジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン、
レイチェル・ワイズ
2003年 アメリカ
posted with amazlet on 07.07.17

無差別銃撃事件で夫を亡くした若い女性が、銃の製造会社を相手取って訴訟を起こした。弁護に立つのは、銃規制問題のベテラン、ローアー弁護士。これに対抗して、被告の製造会社側は、負け知らずの敏腕弁護士フィッチのチームに依頼した。
フィッチは、豊富な資金をバックに、ためらうことなく陪審員の買収にとりかかる。実は、彼の事務所は、ソフトな買収から、盗聴・盗撮なんでもアリの汚い脅迫まで、ありとあらゆる手段を駆使して陪審員を抱き込むことで、確実な勝訴をものにしてきたのだ。ところが、今回に限って、想定外の人物が陪審員長に指名されたり、得票源と目する陪審員が突然退廷させられたり、票が思うようにまとまらない。もしや誰かが妨害しているのか? 
苛立つ彼のもとに、マーリーと名乗る謎の女から「金を払えば、陪審員票をまとめてやる」との電話が。どうやらフィッチのライバルは、陪審員の中にまぎれこんで、彼の工作を撹乱しているらしいのだ。フィッチはプロ?としての面目を賭けて、小癪な妨害者の正体を突き止め、相手をギュウという目にあわせてやろうと決意するのだったが。


白黒はっきりした勧善懲悪系の法廷物かと思いきや、裁判そっちのけで展開する買収騒動のお話なのでした。
銃所持禁止の日本に住む私たちにとっては、これだけ銃を用いた犯罪や事件が多発しているにもかかわらず、何故アメリカでは規制ができないのか、理解に苦しむところなので、こういう話を見ると、ああ、そういう裏事情があるのかもなあと思ってしまいますね。

ジーン・ハックマンの悪役が名演。ひさびさにこの人のいい芝居を見ました。役柄のインパクトのせいでもあるのですが、ダスティン・ホフマンをしのぐ迫力です。「正義なんか知らねえよ」と言い切っちゃうところ、少し薄っぺらいけど、いっそすがすがしい。弁護士の仕事に善も悪もない、というのは、確かに一面真実でもあるわけですから。
主演のジョン・キューザックもクサい役者。いいやつなんだか悪い奴なんだか。平凡で人の良さそうな見かけの下で、本音は何を考えているのやら…という、フィッチとは対照的に表裏のある難しいニック役を、器用に演じています。雰囲気も演技力も、ケビン・スペイシーの後継という感じです。
レイチェル・ワイズのマーリーも、ただの生意気な可愛い子ちゃんではありません。好きなタイプの女優ではないけど、さばさばしたシャープな演技が小気味良かった。

単なる金目当てではなさそうな、しかし、なかなか見えないニック&マーリーの真の動機。また、恋人同士にしてはあっさりしすぎ、でもただの友人・知人とも思えない二人の関係。裁判の進行と平行して、彼らの内部にある謎がふくらみ、やがて、ゲームの行方に大きくかかわってゆきます。

脇を固める判事や陪審員の面々も、とても丁寧な演技。それぞれのドラマが意外に効いています。キャスティングと役者の力量で見せる、手堅い作品でした。

ところで、しかしというか、やはりというか、ただのお話とはいえ、陪審員制って、いろんなことがありそうな気がします。判事に任せておけば、不正が起こらないというものでもないのでしょうが、う~ん…。ほんとうに大丈夫なのかなあ。

見た映画(DVD)TB:1CM:0

魂の放浪

2007/06/14(木) 23:01:17

耳に残るは君の歌声
耳に残るは君の歌声(cinema)
監督 サリー・ポッター
クリスティーナ・リッチ、ジョニー・デップ、
ケイト・ブランシェット、ジョン・タトゥーロ
2000年 イギリス/フランス
posted with amazlet on 07.06.13

ナチスのポーランド侵攻前夜、東欧のユダヤ人集落に生まれ、迫害の中で父親と生き別れた少女フィゲレが、イギリスからフランスへと、西欧文化の中を流れ歩きながら、失われた父と心の故郷を捜し求める物語。

歌の上手な父親と、その血を引いた美声の娘。彼女の運命の転機には、必ず歌がからみ、音楽映画のような味わいです。
とりわけ印象的なのは、彼女が、イタリア人歌手の歌う「真珠取り」で一気に過去へ引き戻される場面。スージーと改名し、イギリス家庭で育ち、イギリス女性としてパリに渡り、西欧文化にどっぷりつかって、ユダヤ人だった昔がすっかり遠いものになっていたそのとき、父そっくりの美しいテノールを耳にして、思わず身を乗り出します。
そこへ偶然居合わせたロマの青年が、彼女のただならぬ様子に関心を寄せ…というところから、この二人の「血が血を呼ぶ」ような恋物語が、後半の中心となってゆきます。

居留地を渡り歩くロマの人々のように、フィゲレ=スージーも、村からイギリスへ、イギリスからフランスへ、フランスからさらに大陸へと生活の場を移していきます。
彼女を動かすのは、彼女の意思と同時に、父の祈りであり、祖母の思いであり、彼女を救った教師やオペラの座長、そしてもちろん、恋人の願い。彼らが彼女の求める「故郷」の象徴となる一方で、彼女自身が彼らにとっての、かけがえのない「無垢な希望」でもある。
一見、「母を尋ねて三千里」の同工異曲のようなこの作品は、彼らの側から見れば、故郷喪失者たちの受難と、「希望」を自由の天地に解き放つことによる救済を描いたものともいえるでしょう。


テーマソングの「暗い日曜日」は時代背景、「真珠取り」は、ストーリーの共通性(自らを犠牲にして好きな女を逃がす話)から選ばれたのだと思います。どちらも非常にポピュラーな名曲で、悪くはないのですが、「日曜日」は大戦中の話に使われすぎって気もするし、「真珠取り」はあまりにもメロドラマチック。まあ、どっちみちメロドラマだからいいのか…。
せっかく音楽好きのロマの人たちの話なのだから、もうちょっとそれらしい歌があればなあ。


ロシアからの亡命者で、堅実なスージーとは対照的に、享楽的で生に貪欲な友人を演じるケイト・ブランシェットが、別人かと思うほどのお色気と華やかさで、とても上手。彼女がいちばん現実的で痛々しい役どころです。
彼女の相手役となるイタリア人歌手も、時代の芸術家の典型。観客にはこの先が見えているだけに、単なる悪役とは思えない。
ジャン・レノから脂を抜いたような感じのお父さん、いいな~と思って見てたら、この俳優(オレグ・ヤンコフスキー)は、タルコフスキーの「ノスタルジア」の人でしたか。見違えました。

そして、ジョニー・デップは今更言うまでもありませんが…そもそもこの映画、シネフィルのジョニー・デップ特集でやってたのを見たのでした。その前にくっついてたインタビュー番組も面白かったです。
むこうの俳優の話を聞いてて凄いなと思うのは、みんな大学だとか映画スクールだとかで、演劇理論を一通り勉強しているんですよね。それに比べると、日本は個人の才能任せか、監督-俳優の徒弟制度みたいな勉強がほとんど。
ぽっと出のアイドル俳優で固めてる時点で、作品の厚み自体が違うのも無理ないかと思っちゃったのが、次に見た「デス・ノート」でありました。

見た映画(DVD)TB:0CM:0

虹の彼方に

2007/05/28(月) 00:28:29

ベティ・サイズモア
ベティ・サイズモア(cinema)
監督 ニール・ラビュート
レニー・ゼルウィガー、モーガン・フリーマン、
グレッグ・キニア、クリス・ロック
2000年 アメリカ
posted with amazlet on 07.05.26

田舎町の大衆食堂で働くしがないウエイトレスのベティ。そこそこ美人で、おとなしく気立てのいい彼女は、同僚や常連客の人気者だ。でも、バカで身勝手な夫は、誕生日におめでとうの一言もくれない人非人。さっさと自立して、あんな男捨てちゃえ!と友達は言うけれど、なんとなく踏んぎれない…。
そんな彼女の唯一の楽しみは、青年外科医の波乱万丈の活躍を描く連続テレビドラマ。主役デビッドの登場シーンでは、つい仕事も忘れてテレビに見入ってしまうほどの大ファンだ。
ある日、けちな犯罪に手を出した夫が、二人組のギャングに殺されてしまう。偶然現場を目撃したベティは、ショックのあまり正気を失い、ドラマの世界に完全逃避。自らをヒロインと思い込んで、衝動的に家を飛び出し、「運命の恋人」デビッドと結ばれるため、一路ロサンジェルスへと車を走らせるのだった。

ベティの話がおかしいことも、その元ネタにも、誰でもすぐ気づくのですが、彼女の「愛の夢」があまりにもきれいで無邪気なので、つい、面白がっておとぎ話につきあってしまいます。
誰だって、素敵な夢を見てみたい。信じてみたい。そんな人々の思いにいたわられ、ふわふわしたシャボン玉みたいに危なっかしい空想は、壊れそうでいてなかなか壊れません。
一方、夫殺しの容疑者にされたり、夫が隠した「ブツ」を狙うギャングたちが彼女を追ってくる、という、サスペンスドラマさながらの現実が、刻一刻と背後に迫ります。美しい夢と汚い現実の衝突、結果は吉と出るか凶と出るか。


強いショックから一時的に妄想の世界に逃避することを医学用語でフューグ(遁走。フーガの英語読みですね)というのだそうです。ドラマや小説や映画にはまっている時には、誰しもいくらか現実逃避的になるもの。だからこそ、ベティの奇行に少なからず共感できて、笑えるのでしょう。(同じ妄想でも、クレランボー症候群ともなると、完全な病気で、面白いどころではありません。)
登場人物が、彼女の夢に次々に感染してゆき、ドラマの虚実、夢と現実の境界もぼやけてきます。ベティは完全に夢の中の人になってしまうのか、ふたたび色あせた日常に戻ってくるのか。
とても健康的な結末が待っています。自分探しのラストはこうありたいものです。

「冬のソナタ」ファンのおばさんたちの気持ちがちょっとだけわかったような気がしました。そういえば、私のまわりにも、「ペ・ヨンジュンじゃなくて、チュンサン/ミニョン(ヨンさまの役名)が好きなの。あれが私の理想の男性」と言ってる人がいましたっけ。

見た映画(DVD)TB:0CM:0

禁断の恋

2007/05/26(土) 15:30:26

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ブロークバック・マウンテン(cinema)
監督 アン・リー
ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、
アン・ハサウェイ、ミシェル・ウィリアムズ
2006年 アメリカ
posted with amazlet on 07.05.25


婚約者のいるノンケのカウボーイが、ゲイと組んで二人きりで仕事をするうちに、ゲイに惚れられ、なんとなくその気になって、うっかりそっちの道に走ってしまい、人生を狂わせるという、ゲイ向けのヨロメキドラマを、アメリカの雄大な大自然をバックに撮影したシュールな作品。

姦通罪なんて何時代の話?ってくらい、不倫も離婚も当たり前の現代、悲恋で盛り上げるなら、もはやこういう設定しか残っていないかもしれません。…にしても、お話自体は陳腐でつまらないので、同じ趣味の人でないと、感情移入は困難です。映像的にかなりキツかった。ふぅ。
この手の恋愛ものなら、フォースターの「モーリス」(ゲイ版ボヴァリー夫人。映画にもなってる)のほうが、ずっと複雑で罰当たりで、面白いと思う。視覚的にもわりとソフトでしたし。


「パードレ・パドローネ」にも、牧童が孤独と無聊に耐えかねて、ヤギだったか羊だったかで…というエピソードが出てくるけど、人間がいれば、相手が男でもこういうことになるんだろうか。動物と人間と、どっちがマシなのでしょうか。
男じゃないので、こればっかりは、どうにもこうにもイメージできない。降参。

見た映画(DVD)TB:0CM:0

文・文・文

2007/05/19(土) 17:29:34

ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版
ブレア・ウィッチ・プロジェクト(cinema)
監督 ダニエル・マイリック&エドゥアルド・サン
ヘザー・ドナヒュー、マイケル・C・ウィリアムズ、
ジョシュア・レナード
1999年 アメリカ
posted with amazlet on 07.04.04


魔女伝説の残る森で、探検レポート制作のためにキャンプしていた若者たちが行方不明になった。その一年後、彼らのものと思われるビデオテープが発見されたが、そこに映っていたのは、なんと!ドタバタホラーフィルムであった。とっほっほ…。


いくらなんでも、手を抜きすぎではないでしょうか。低予算がどうのという問題ではありません。脚本くらい、ちゃんと作りましょう。ストーリーを、映像以外のところで説明しちゃうのはどうかと思います。本物らしく見えるようにったって、黙ってYouTubeにでも出すなら別ですが、さんざん宣伝した上での公開で、観客はすでに作り物であることを知っているわけですから、それはほとんど作り手の自己満足に過ぎないのでは。

粗い画像と不安定なカメラはまだしも、編集のいいかげんなフィルムをえんえん見せられてゲンナリ。煽りかたもありきたりで、これで怖がれと言うほうが無理。夜中にうちのトイレに行くほうが、よっぽど怖いよ。物音や大声など、あまりにもベタです。ていうか、うるさい。
この手の手法なら、たとえばワイズ監督の「たたり」なんかのほうが、比較にならないくらい洗練されています。まあ、相手がワイズ作品じゃ、買い付け価格も比較にならないでしょうが。
とにかく、素人ビデオという設定を、下手と手抜きの言い訳にしているとしか思えません。

フラフラ動くハンドカメラの映像に酔っちゃった。そういう意味では、ものすごく気持ちの悪い作品でした。



なお、ビリーは本日もお休み。
見た映画(DVD)TB:0CM:0

さあ召し上がれ!

2007/05/07(月) 18:46:42

ディナーラッシュ ~スペシャル・エディション~
ディナーラッシュ(cinema)
監督 ボブ・ジラルディ
ダニー・アイエロ、エドアルド・バレリーニ、
カーク・アセヴェド、ヴィヴィアン・ウー
2001年 アメリカ
posted with amazlet on 07.05.05


町一番のホットなイタリアンレストラン“ジジーノ”は、今夜も大繁盛。予約は一杯、順番待ちのお客が列をなして、若い料理長以下従業員はてんてこ舞い。店の売りは、グルメ雑誌で折り紙つきの創作料理に、アートな装飾、かわいいウエイトレス、博識なバーテンダーなどなどなど。昔なじみの常連さんに、今どきの若い子、スノッブなセレブやら、マスコミ、ビジネスマン、警官からギャングまで、客の顔ぶれも多彩だ。ご注文は何になさいますか?人の世のありとあらゆる欲望、善悪、過去未来、生死、愛憎、何なりとお客様のお望みのままに!
冒頭の殺人を前菜またはアペリティフとして始まる、「一夜の出来事」をてんこもりにしたフルコース。強烈なメインディッシュにOH! デザートには、甘い甘い恋人たちのバカンスをどうぞ…。


とても洒落た映画です。料理がおいしそう。細切れに忙しく進むようでいて、意外に滋味のあるドラマが展開していきます。細部まで楽しく味わえる作品。俳優の演技もすばらしい。サスペンス、ユーモア、ロマンス、すべての要素が詰まって、最後にあっと驚くオチまで用意されています。
DVDはレシピも付いてお得。

見た映画(DVD)TB:0CM:0

踊る山海塾

2007/05/01(火) 23:54:09

サイレントヒル
サイレントヒル(cinema)
監督 クリストフ・ガンズ
ラダ・ミッチェル、ショーン・ビーン、
ローリー・ホールデン、デボラ・カーラ・アンガー
2006年 アメリカ/日本/カナダ/フランス
posted with amazlet on 07.04.29

幼い娘シャロンが繰り返しうなされる悪夢。夢に出てくる町「サイレントヒル」が実在することを知った母のローズは、夫の反対を押し切って、娘を車に乗せ、遠路はるばるその町を訪ねる。しかし、彼らがたどりついたところは、封鎖されたゴーストタウン。何年も前の火災で町は全滅したという。
なぜシャロンは、自分が生まれる前に焼失した町を知っているのだろうか。また、何となくいわくありげな地元警察の態度にも不審を感じたローズは、封鎖を突破し、娘と共に強引に町に侵入しようとするが…。


おなじみゲームネタのホラーです。コナミの日本はともかく、いろんな国が相乗りしているのは、監督さんとロケ地の問題でしょうか。
映像がきれいで、思いのほかいい雰囲気です。人気の無い廃墟に灰が降り積もる「静」の時間と、工場よろしくサイレンと共にお化けが一斉スタートする、ギンギラの「動」の時間の対比が面白く、クリーチャーの動きが何かにそっくりな生々しさで、CG一辺倒のゲームとは一線を画したムードです。
クライマックスのスペクタクルも迫力満点。オチまできちんと作ってあって、これはこれでちゃんと映画になっています。
いちばん可哀想なのは、お父さん…。

見た映画(DVD)TB:0CM:0

地獄からの生還

2007/04/29(日) 17:54:08

ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション
ワールド・トレード・センター(cinema)
監督 オリバー・ストーン
ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、
マギー・ギレンホール、マリア・ベロ
2006年 アメリカ
posted with amazlet on 07.04.29

9.11ワールドトレードセンタービル破壊テロに巻き込まれた、ニューヨーク港湾警察署員たちの奇跡の救出劇を軸に、被害者とその家族、また救助にあたった人々の、不屈の勇気と真心を描いたいい話。事件の悲惨そのものよりも、周辺で起こる人間模様に光を当てた、ストーン監督らしい作品です。
実話に基づいただけに、スケールは大きくありませんが、こういうささやかな記録もあっていいと思う。

見た映画(DVD)TB:0CM:0

穴にはまって

2007/04/28(土) 22:31:44

穴 / HOLES
穴 / HOLES(cinema)
監督 アンドリュー・デイヴィス
シガニー・ウィーバー、ジョン・ボイト
シア・ラブーフ、ティム・ブレイク・ネルソン
2003年 アメリカ
posted with amazlet on 07.04.22


代々不運な家系に生まれついたスタンリー少年は、いわれの無い罪を着せられ、砂漠の真ん中にある更正施設送りになってしまった。施設に集められているのは、当然ながら、いずれ劣らぬ不良ばかり。彼らは、一滴の雨も降らない炎天下、怪しげな監視員たちの指示に従って、来る日も来る日も無意味な穴掘り作業を強制されているのだった。
ハードな人間関係とハードな肉体労働で、ヨレヨレになるスタンリー。彼はこの試練をクリアすることができるのだろうか?


スタンリー一家にかけられた悪運の呪いとは? 穴掘りは何のため? やくざっぽい監視員と女ボスの正体は? 無口な少年ゼロがスタンリーに親切なのは何故? そして、時々はさまる妙な昔話は、この物語とどうつながるの?
ストーリーに開いている、いくつもの「穴」。その穴が、ラストに向かって一つずつ埋まっていくという、洒落た趣向です。

ディズニーは、文科省推薦風のベタなアニメより、実写映画のほうがよっぽど気が利いてるのに、評判を取るのはアイドルスターを担ぎ出した「カリブの海賊」シリーズくらいですね。これは、子供向け映画ですが、男の子にも女の子にも楽しく、また、大人の鑑賞にも充分耐えます。作品全体としては、脚本がアニメレベルのカリブより上等じゃないかと思うのですが。
達者な役者陣が、コミカルに好演。特に、シガニー・ウィーバーの謎の女ボスは、クルエラっぽくてステキです。可憐なゼロ君も光っています。

見た映画(DVD)TB:0CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>
Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。