常世国往還記

本と映画のノート



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最新の記事

過去ログ

ブログ検索

FC2ブログランキング

RSSフィード

プロフィール

かもめ

Author:かもめ
読書と映画の鑑賞記録。
日記もちょっとだけ。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

再開

2009/01/21(水) 13:23:40

長らく放置してしまいました。
この間、いろんなサイト(たなぞうとか)に浮気していたのですが、本だけだったり、字数制限があったり、いろんなお約束事がめんどうで、どうもうまくありません。書く側よりも、見る(読む)側に焦点を合わせたところが多いように思います。データベースとして利用しやすいように、ということなのでしょうが、カタにはめられるのは窮屈で。これなら、amazonに書き込むのと気分的にはそれほど変わらない気がする。

はてなダイアリーは、ようやく下書き保存機能がついたようですね。今頃遅いよ。あれにもいいところはあるんですが、はてな記法がめんどくさい。やっぱりHTMLでいじりたい、というか、HTMLだってスタイルシートだって、たいしていじるわけじゃないんだけど、たぶん、「それはできませんよ」「これでやれ」と言われるのが嫌なんですね。相変わらずBlogWriteに対応してくれないのも、大きな理由です。この先もないだろうなあ。

サイトではありませんが、firefox上で動かすブログエディタのfirescribe、あれも使いこなせませんでした。これはBlogWriteで分かっていたことですが、WISIWYGは、言われた通りにおとなしく使っている間は本当に便利。でも、もうちょっとこうしたいというときに俄然困ります。まあそれならHTMLでも使えるし、タグの挿入支援機能もあって、BlogWriteよりも親切。しかし問題はオフラインだとやりにくいこと。ローカルの別の場所にストックしておけない、というのも私にとっては厄介です。

ジャストシステムのxfy Blog Editor(無料版)、二度ほどインストールしてみましたが、これはまあ重いこと重いこと。尋常な重さではないので、ソフト自体がどうとかより、こちらのシステム内の何かが邪魔しているんじゃないかと思います。がしかし、原因を突き止めて解決する気力がない。たくさんの親切機能付きで、非常に後ろ髪を引かれるものの、クリックごとに待たされるのがどうにも辛抱できず、BlogWriteに戻ってきてしまいました。

結局、BlogWriteを使って書いたものを、ローカルの適当な場所にストックしつつ、好き勝手にだらしなくやれるfc2にアップするのが、いちばん気楽ということになりました。あちこちに散らばってるものは、ぼちぼちここに集めてこようと思います。読んだ順ではなくなっちゃうけど、まあ仕方がないや。

スポンサーサイト
なみま雑記TB:0CM:0

入隊一ヶ月

2007/06/13(水) 22:51:23



おお、奇跡的にひと月続いております。
残念なことに、成果は微妙なんですが…。
体重はマイナス1kg、そのほかの数字は小刻みに上がったり下がったりで、結局あんまり減ってないかんじ。
調べてみると、もともとピッタリ標準体重(理想体重?)、体脂肪も内臓脂肪も正常値、ということで、大して減る余地がないのかもしれません。
若い頃に比べると、衝撃的な体重増&サイズ増だったわけですが、当時が異常、今はむしろ健康体なんでしょうね。でもやっぱりもう少し痩せたい…。昔から今の体重なら何とも思わないけど、いちいち「太ったでしょ」と言われるのは嫌!

「まあ、しないよりは、したほうがマシなんじゃないですか?(薄笑い)」という3号の台詞をバネに、もう少し頑張ってみましょう。
体型とか体重はほとんど変わりませんが、体調はいいし、姿勢が良くなってるような気がします。

逃避していた3のAB(腹筋)プログラムですが、先週から、週一はがんばってみることにしました。特に寝てやる運動は、ほとんどついていけてないけど、「自分のペースで」「できる範囲で」というビリーの言葉を励みに、「keep moving」だけをこころがけて、できないところは無理せず、えっちらおっちら、普通の腹筋運動でごまかしています。

1→2→1→3→1→2、のように、軽めの1を合間合間にはさんでやっています。1はけっこう余裕、そろそろリズミーファイターからバンドへレベルアップを検討しています。2はあいかわらずつらいですが、大体はついていけるようになりました。ウン、確実に技術は向上してると思います!

なみま雑記TB:0CM:0

カルト集会に参加する

2007/06/09(土) 18:44:28

ひょんなことから、カルトの集会に参加しました。
ふるい友人と久しぶりに会う約束をしたら、当日になって急に「他の友達も来てるんだけど、一緒でもいいかしら」と言われ、なにか妙だなと思いつつも、何の気なしに承諾したら、実はそういうことだったわけです。

そこで即座に「こんな話なら、私は嫌だ」と宣言して帰ってもよかったんだけど、場の空気を乱すようだし、友人に悪いし、それに、どんなもんかしらと好奇心も手伝って、つい調子を合わせてしまいました。
まさに相手の思うツボ。2号にはさんざん気をつけろと言ってるくせに、だめじゃん。

それにしても、こういう人たちってやり方がほんとに上手です。
もちろん、「カルト」なんて、おくびにも出しません。「宗教」とも言いたがらない。まあ、「宗教法人」と冠がついてるのに、繰り返し「違います」と言うのが既に怪しさ100%ですが、ともあれ、あくまでも「学習会」「お勉強」と称します。
メンツは、友人も含めて、裕福そうで、きれいでお洒落で華やかな奥様ばかり。どういうものか、やたらビーズアクセサリを付けてる人が多かった。様子から見て、当然本物のジュエリーや高級ブランド品を持っているであろう層の人たちが、そろいもそろって、ビーズ&ノーブランドなところに、なにやら意図が感じられます。

皆が円座になって、社交クラブみたいな当たり障りの無い自己紹介が終わると、あらかじめ決めてあるらしい「本日のお当番さん」が、「お話」を始めます。中身は、この会でお勉強したおかげで、こんなに幸せになりましたという「体験談」。
というと、いかにもうさんくさいけれど、その話し方がまた、誠実そうで、感じよくて、嘘くさくない。ほんとうに巧み…というか、ご本人は、夫の出世や、子育ての成功や、思わぬ収入増などの「幸運」が、すべて会のおかげだと、心から信じているのでしょう。
他の美しき会員の皆様は、ポイントごとに、タイミングよくにこやかに頷き、笑い、感動し、拍手などして、なごやかに盛り上げます。

さて、このグループの中に、私ともう一人、彼女たちとは明らかに雰囲気の異なる、地味な感じの主婦が参加していて、やがてわかったのですが、本日のメインエベントは、この方の勧誘なのでした。お当番さんのお話のあとは、数名ずつのグループにばらけ、グループリーダーとおぼしき女性が、入会希望者に張り付いて、一本釣りにかかります。
現状に不満のある人が、「勝ち組」のオーラむんむんの彼女たちに囲まれ、夢のような成功談を聞かされ、「さあ、あなたも仲間に入って幸せになりましょう!」と言われたら、ついその気になるのも無理はありません。私も勧誘されちゃうのかな?と、怖いもの見たさでドキドキしてたら、あらら?私はスルーですか。
どうも、一目で「アレはダメね」と選別されてしまったようです。あれ、私、がっかりしてる。なんだか、「幸運の扉」から締め出されたような気分です。

これだ。
「入って~入って~」などと、大学の体育サークルみたいなベタな勧誘などしないのです。そんなことしたら、せっかく寄ってきたものも、怯えて逃げ出すに決まっていますから。強制はしません。あくまでも自由意志による入会(入信)が建前です。
撒き餌をし、他の魚が先に行くところを見せ、あわてて向こうから食いつくのを待つ。鮎釣りとはちょっと違うけど、こういうのも一種の友釣りだな。
オウムも、この手を使ったのでした。宗教などとは関係なさそうな、健康ヨガ教室に生徒を集め、それとなく教義を吹き込み、目ぼしい生徒に「位」を与えて優遇し、それを餌に残りを釣り上げる。人の心理を利用したうまいやり方です。

う、ちょっと危なかった。


帰宅後、どっぷり浸かってるふうの友人が気になり、「大先生」のお名前を手がかりにネットでぐぐってみました。
たぶんコレ、という団体がひとつヒットしました。幸い、ネット情報で見るかぎりでは、変なオカルト思想だとか、高額インチキグッズ販売などの極端なぼったくりはやっておらず、今のところ、家族が困っているとか騙されたとかいう話も無い。この手のものの中では、比較的たちのよさそうな団体でした。ネットだけでは何とも言えませんが、まあ、少し安心しました。
カルトが、すべて有害と決まっているわけではありません。
友人は、若い頃から何かと悩みの多い人生を送っています。少々胡散臭くとも、彼女にとって、そこが心の休まる場所なら、お布施に見合うだけの価値はあるのでしょう。

なみま雑記TB:0CM:0

入隊13日目

2007/05/25(金) 18:49:02

Bootcamp Elite
Mission One: Get Started


う~ん、汗かいてスッキリ。
雨降ってもできるし(ジムはウォーミングアップがわりに自転車で行くので、基本的に雨だと行かない)。
ビリーがあれば、ジムいらないかな。やめちゃおうかな。

なみま雑記TB:0CM:0

入隊12日目

2007/05/24(木) 17:55:58

今日はひさびさにジムに行った。
エアロビ40分とヨガ。それとマシンを少し。

やっぱり、動きが激しい分、ビリーよりエアロビのほうが疲れる。汗の量もハンパじゃない。
でも、筋肉への効き具合は断然ビリー。
ビリーのいいところは、短時間のうちに、ハアハアするスピード系の運動と、筋トレがほどよく混じっていて、両方がいっぺんにできるところだと思う。ジムへ行くと、両方別々にやらなきゃならないので、時間がかかって効率が悪い。

ヨガ(<なぜかポーズが取れない)は、場所を取らない・音出ないで、究極のおうちエクササイズなんだけれども、家でDVD相手にやってると、ほとほと気がめいってくる。まあ、基本コンセプトが「癒し」だから仕方ないんだけど、BGMは不景気、出てくるインストラクターのテンションも低くて、ほとんど寝そう。パワー出ない。ジムに行って、大人数でそろってやらないと、とてもじゃないけど間がもたない。

ダンベルトレーニングのDVDも、同じような感じで、辛気臭くて一週間と続かなかった。あんなものが続くのは、修行好きの三号くらいだよ。なぜ毎晩黙々と一時間もトレーニングできるのか、ほんとうに謎。勉強からの逃避という説もあるが…でも、逃避にもおのずと向かう方向があると思う。私なら、逃避先は絶対に筋トレではない。これは断言できます。

やっぱりビリーの最大のキモは、あのユーモラスな「掛け声(励まし?)」と、ハイテンションっぷりでしょう。見てるだけで気分が明るくなるもの。
明日はまたビリーに戻ろう。(本日は疲れたのでお休み。)

なみま雑記TB:0CM:0

入隊11日目

2007/05/22(火) 16:45:40

Bootcamp Elite
Mission One: Get Started


今日もこれ。負荷付き。
負荷のせいもあるけど、なんか、前よりきつくなってる気がする。
動きが大きくなったから?
体重・体脂肪は、特に変化なし。

なみま雑記TB:0CM:0

入隊十日目

2007/05/20(日) 17:47:15

Bootcamp Elite
Mission One: Get Started



リズミーファイター500gを、屋根裏の物入れから発掘。
十年も昔、初めてフィットネスをやった時に買ったもの。
「むしろ肉をつけたいんです」などと言い放っていた、あの頃の私を殴ってやりたい。

体操用の、落としにくいダンベルです。ビリーバンドは自信ないけど、両手にこれを持って、ちょっとだけ負荷をかけてみることにしました。
始めはどうってことないですが、最後ごろは、少し頑張る感じになります。
手ぶらでやるより気分が出るし、今はこれくらいがちょうどいいかな。

なみま雑記TB:0CM:0

入隊八日目

2007/05/18(金) 22:28:29

体調不良により、一回休み。

なみま雑記TB:0CM:0

入隊七日目

2007/05/17(木) 22:18:20

Billy's Bootcamp Elite
Mission Two: Maximum Power


Mission Two 二回目。ちょっとは慣れたけど、やっぱりきっつー。
明日から1に戻す。欲張らないことにします。


バームウォーターを箱買い。
4、5本ずつ買うのが面倒になった。

なみま雑記TB:0CM:0

入隊六日目

2007/05/16(水) 22:20:24


来た。
Mission 3 のことを考えると、若干不安だが、とりあえずやってみる。
本日は、珍しく普通の時間に在宅していた2号も参加。「軍隊式トレーニング」という点が、ミリタリーおたく心をくすぐるわけですね。
しかし、さすがに三人いっぺんはスペースに無理がある。
キックで顔を蹴られて家庭内暴力。うゎち。

全体的に、1をよりハードにしたようなもの。各パターンが、ちょっとずつ長く、きつくなってる。3の腹筋ほどじゃないけど、しんどいわこれ。っていうか、後ろの人たちも、ちっともできてないじゃん! 助手のお姐ちゃんでさえ、後半は腕が上がってないし。

普通、この手のビデオって、映ってる人たちは、「こんなのカンタンよ~」みたいな涼しい顔してやってるものなのに。
そういえば、ビリーのビデオのスタッフって、必ずしも全員ナイスバディじゃない。さすがに激太はいないが、おなかのへんがぷよっとしたままの人もいる。
こういうごく普通の人たちが、ビリーの後ろでウンウン言いながら大汗かいているわけで、「ああ、つらいのは私だけじゃないんだ。ビリーみたいな特殊な人以外は、誰でもつらいものなんだ。頑張ろう」という気にさせてくれるのが、bootcamp のいいところ…と、ビリーも最後のお説教タイムでそう言ってます。

無理だ、もう限界…って思っても、ビリーが「Maximum Power!!」と叫ぶと、なんとなく最後までついていけてしまうから不思議。


ところで、体より頭がついていけずに、泡食っていた2号君でしたが、初体験のご感想は?

「おお~、合宿とかに持ってったら、絶対受けるぜ、これ!」

というわけで、合宿のレクリエーションタイムにもお勧め。

なみま雑記TB:0CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>
Copyright(C) 2006 常世国往還記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。